日常生活で人工知能(AI)が使われているものは?活用例や今度活躍するシーンを解説

ChatGPTによりAIへの関心が高まっているため、AIがどのように使えるか気になっている人も多いでしょう。

今後様々な場所でAIが使われるのは間違いありませんが、すでに身近なところでもAIが使われています

そこでこの記事では、日常生活で人工知能(AI)が使われているものを紹介します。

活用例や今度活躍するシーンを解説するので、AIがどのような製品・用途に使われているか気になる人は最後までご覧ください。

目次

人工知能(AI)とは

人工知能(AI)は、コンピュータプログラムや機械が人間のように思考や学習をする能力を持つ技術です。

例えば、スマートフォンの音声アシスタントは、ユーザーの声を認識して質問に答えたり、指示を実行することが可能です。

また、自動運転車は複雑な道路環境を理解し、人間の運転手と同じように安全な運転を行います。

このように、AIは日常生活のさまざまな場面で活躍しており、その応用範囲は急激に広がっているといえるでしょう。

日常生活で人工知能(AI)が使われているもの

日常生活で人工知能(AI)が使われているものは、以下の通りです。

自動車

近年、自動車業界ではAI技術が大きな進歩を遂げています

特に、自動運転車が注目されており、AIは運転手の代わりに車を制御することができます。

例えば、テスラの自動運転機能は高速道路でのレーン維持や車間距離の調整、さらには一部の場合での完全自動運転も可能です。

エアコン

近年のエアコンは、単に部屋を冷やすだけでなく、AIを活用してさまざまな高度な機能を搭載しています。

例えば、部屋の温度・湿度・人の動きや位置をセンサーで感知し、それに基づいて最適な温度設定や風の向きを自動調整します。

快適な室内環境にできるのはもちろん、エネルギー効率が向上するのもメリットの1つといえるでしょう。

お掃除ロボット

お掃除ロボットは部屋のレイアウトを学習し、障害物を避けながら効率的に掃除を行います。

さらに、ダストセンサーを活用して部屋の汚れ具合を判断し、必要な場合は同じ場所を何度も掃除するなど、人間のように柔軟な掃除が可能になっています。

冷蔵庫

最新の冷蔵庫もAI技術が導入され、単なる保存スペース以上の機能を搭載しています。

例えば、内部カメラとAIを組み合わせて、冷蔵庫内の食材の種類や量を自動で認識し、賞味期限が近い食材や補充が必要な食材をスマートフォンアプリで通知してくれます。

これにより、食材の無駄が減るのはもちろん、効率的に買い物できるようになるでしょう。

洗濯機

現在の洗濯機は、汚れ具合や衣類の素材を自動で感知して、最適な洗浄プログラムを選択します。

例えば、洗濯物の重さと汚れ具合を計測して、水量・洗剤の量・洗浄時間を自動で調整するため、AIなしの洗濯機と比べると効率よく洗濯できるようになっています。

電子レンジ

電子レンジも一部の高級モデルでは、食品の種類や量を自動で認識し、加熱時間や温度を最適に調整する機能が搭載されています。

例えば、パナソニックのAI電子レンジは、食品の湿度や温度を感知して、均一な加熱を実現しています。

ペット

AI技術はペットのケアにも応用されています。

例えば、ペットの種類・体重・活動レベルに応じて最適な給餌量を計算し、自動で給餌するという商品は数多く販売されています。

Furboというスマートカメラは、ペットが吠えると自動で通知を送り、リモートでおやつをあげることも可能です。

このように、AIはペットの健康管理や安全確保にも貢献しています。

また、LOVOTのように、AIを搭載したペットロボットも人気があります。

非接触検温

非接触検温技術は、新型コロナウイルスの影響で一般的になりました。

AIを活用した非接触検温器は、人々が建物に入る前に体温を高精度で測定することができるため、空港・オフィスビル・学校などでよく見られます。

高い体温が検出された場合には警告を出すなど、感染症の早期発見と防止に貢献しています。

症状診断アプリ

症状診断アプリは、ユーザーが自分の体調不良や症状を入力すると、AIがそれに基づいて可能な疾患を推測します。

例えば、頭痛と咳を入力すると、風邪・インフルエンザ・アレルギーなどの可能性が提示されるため、早期に医療機関での診察が必要かどうかを判別できます。

コールセンター

コールセンターでもAIが積極的に活用されています。

例えば、AI搭載の音声認識システムは、顧客からの問い合わせ内容を高速で解析し、適切な応対や情報提供を行います。

また、過去の対応履歴や顧客データをもとに個々の顧客に最も適したサービスや商品を提案できるため、顧客満足度の向上とオペレーションの効率化が実現可能です。

配膳ロボット

配膳ロボットは、レストランや病院での食事提供に活用されています。

AIを使った配膳ロボットは、テーブルの配置や障害物を避けながら効率よく食事を運ぶことができるため、人手不足を補ってスタッフが他の重要な業務に集中できるというメリットがあります。

eコマース

eコマースサイトでは、AIが購買履歴や閲覧履歴に基づいて、ユーザーに合った商品を推薦する役割を果たしています。

例えば、過去にスニーカーを購入した人には、新作のスニーカーや関連アイテムが表示されることがあります。

過去の購買履歴に基づいて商品をおすすめすることで、利用者は自分に合った商品を効率良く見つけることができ、販売側は利益を上げられるというのがAIを使うメリットといえるでしょう。

献立作成

AIを活用した献立作成アプリは、家庭料理のレパートリーを増やしてくれます

冷蔵庫にある食材を入力すると、それに合ったレシピを提案してくれるため、食材の有効活用がして無駄を減らすことが可能です。

顔認証

顔認証技術は、スマートフォンのロック解除から、空港でのパスポートコントロールまで多くの場面で使用されています。

AIが高度なアルゴリズムで顔の特徴を解析し、正確に本人確認を行えるようになっています

翻訳

AIによる翻訳サービスは、言語の壁をなくす役割を果たしています。

近年のAI翻訳は非常に高度で、文脈に応じて適切な翻訳を提供することができるため、海外旅行やビジネスでのコミュニケーションが格段にスムーズになっています。

不動産検索

不動産検索でもAIが活用されています。

例えば、AIが過去の取引データや地域の特性、交通の便など多角的な情報を解析することで、ユーザーが求める理想的な物件を高精度で推薦することが可能です。

AIは時間と労力をかけて多くの物件情報を比較する必要を減らし、効率的に不動産を検索できるようにしています。

ボードゲーム

ボードゲームにおいてもAIの進化は顕著で、囲碁やチェスなどの戦略ゲームで能力を発揮しています。

AIプログラムは数多くのゲーム局面を学習し、人間のトッププレイヤーに匹敵する、あるいはそれ以上の戦術を展開できるのが特徴です。

家庭で楽しむ一般的なボードゲームにおいても、AIはプレイヤーに適切な難易度で対戦を提供し、より楽しいゲーム体験を可能にしています。

トレーニング

トレーニングやフィットネスにおいても、AIは個々の人の体型や健康状態、目標に合わせた最適なエクササイズプランを提案できます。

例えば、ウェアラブルデバイスを通じて収集されたデータを基に、AIは効率的なトレーニングメニューを生成し、それによって個々の健康促進やパフォーマンス向上をサポートしています。

検索結果の最適化

インターネット検索においても、AIは検索結果をより精度高く、そして個々のユーザーに合わせて最適化しています。

例えば、過去の検索履歴や閲覧ページからユーザーの興味やニーズを推測し、それに合った検索結果を優先的に表示することで、より効率的な情報収集が可能です。

クレジットカードの不正利用防止

AIは金融業界でも活躍しており、特にクレジットカードの不正利用防止でその効果を発揮しています。

AIアルゴリズムは、カード利用履歴や取引パターンをリアルタイムで分析し、不正な取引が行われそうな場合は即座にアラートを発するか、取引をブロックします。

これにより、クレジットカード利用者はより安心して取引を行うことができるようになっています。

試験中のカンニング防止

人工知能(AI)は教育の現場でも力を発揮しています。

特に、オンライン試験が増える中で、試験中のカンニング防止にAIが活用されています。

例えば、AIを搭載した監視カメラやソフトウェアは、学生の顔や画面をリアルタイムで分析し、不正行為の兆候を自動で検出できます。

最新技術を使ってカンニングを厳しく取り締まることで、教育機関は試験の公平性を保ちながら、より効率的な運営を実現できるようになるでしょう。

今後日常生活で人工知能(AI)が使われていくもの

今後、日常生活で人工知能(AI)が使われていくものは、以下の通りです。

ドローンの防犯活用

近年、ドローン技術と人工知能(AI)の組み合わせによって、防犯対策が進化しています。

例えば、大規模なイベントや商業施設で、AI搭載ドローンが不審者をリアルタイムで特定し、その情報を警備員や警察に即座に通知することが可能です。

このようなシステムは、人の目では見逃しがちな状況も把握できるため、これまで取り締まれなかった範囲まで監視できるようになります。

ロボットによる介護支援

高齢化社会が進む中で、介護の現場でもAIとロボット技術が注目されていて、高齢者の日常生活をサポートするためのAIを搭載した介護ロボットも開発されています。

例えば、AI介護ロボットは、高齢者の動きを学習して転倒のリスクを予測し、必要な場合には介助や警告を行うことができます。

このような技術は、介護職員の負担を軽減し、高齢者が安心して生活できる環境を提供するために非常に有用といえるでしょう。

AIによる書類選考

人事採用のプロセスも、AIの進化によって大きく変わりつつあります

書類選考においては、AIが候補者の履歴書や職務経歴書を高速で分析し、必要なスキルや経験を持つ候補者を効率的に選出することが可能です。

このAIによる書類選考は、人事担当者が多数の応募者から適切な候補者を見つけ出す作業を大幅に効率化するため、多くの企業で導入が進んでいます。

人工知能(AI)を導入するメリット

人工知能(AI)を導入するメリットは、以下の通りです。

業務が効率化できる

人工知能(AI)を導入する最大のメリットの一つは、業務を効率化できるという点です。

例えば、顧客サービスにAIチャットボットを導入することで、24時間365日、顧客からの質問に即座に対応することが可能になります。

これにより、人間のオペレーターが手がけるべき複雑な問題に集中できる時間が増え、全体としての業務効率が向上するでしょう

生産性が向上する

AIの導入によって、生産性の向上も期待できます

例えば、製造業での品質管理でAIを使うと、これまで以上に正確な分析を行えて、製品の不良率を大幅に減らせるようになります。

その結果、製造ラインの停止時間が減少し、一定の時間内により多くの製品を生産できるようになるため、会社の利益も向上するでしょう。

人的なミスが軽減する

AIを活用することで、人的なミスを軽減することも可能です。

医療診断においては、AIが画像診断をサポートすることで、医師が見落としがちな細かい異常もキャッチできるようになります。

これにより、診断の精度が向上し、患者の治療がより早期に始められるようになるでしょう。

人工知能(AI)が得意なこと

人工知能(AI)が得意なことは、以下の通りです。

画像認識

人工知能(AI)が特に得意とする分野の一つが画像認識です。

例えば、スマートフォンのカメラアプリでは、AIが顔を認識して自動的にフォーカスを合わせたり、美肌効果を適用できたりします。

さらに、医療分野では、AIがX線画像やMRIから病気の兆候を高精度で検出することができるため、診断の精度と速度が向上しています。

音声認識

音声認識もAIの得意な領域であり、日常生活でよく見かける技術です。

スマートスピーカーの「Alexa」や「Google Assistant」は、ユーザーの音声コマンドを認識して、音楽の再生や天気予報の提供などを行います

また、車のナビゲーションシステムでも、運転手が手を離さずに目的地を設定できるように、音声認識が活用されています。

自然言語処理

自然言語処理は、AIが人間の言語を理解し、解析する技術です。

例えば、カスタマーサービスのチャットボットは、顧客からの質問に自動で答えることができます。

このようなチャットボットは、購入履歴や顧客の嗜好に基づいて、個別化された商品推薦やサービス提供が可能です。

データに基づく予測

AIは大量のデータから有用な情報を引き出し、未来の出来事を予測することも得意です。

例えば、株価の動きや消費者の購買行動、さらには天気まで、多くの要素を分析して高度な予測を行います。

特に、製造業では機械の故障を事前に予測し、メンテナンスの最適なタイミングを計算することで、ダウンタイムを大幅に削減しています。

人工知能(AI)が苦手なこと

人工知能(AI)はデータ解析や自動運転、顧客サービスなど多くの分野で活躍していますが、感情や人間の独特なニュアンスを理解することはまだ得意ではありません

例えば、AIが運営するチャットボットは、顧客からの質問に対しては即座に答えられるものの、その質問が皮肉やジョークである場合、真に受けてしまうことが多いです。

また、SQLやOracleなどのデータベース技術を駆使して膨大なデータを処理できるAIもありますが、そのデータが複雑な人間の感情や意図を反映したものであれば、単純な数値やキーワードの分析ではその本質をつかむことはできません

このように、AIは論理的な問題解決には優れていますが、人間が持つ感情や独特の文化的背景を完全に理解することは、現状ではまだ難しいといえます。

まとめ

この記事では、日常生活で人工知能(AI)が使われているものを紹介しました。

すでに日常生活の様々なところでAIが使われているため、今後もAIの使用範囲は広がっていくでしょう。

今後AIを使って仕事や趣味を行いたいという人は、今後需要が高まるAI分野を早いうちから勉強しておきましょう

未経験からIT業界で活躍するなら活学ITスクールがおすすめ!

プログラミングって難しそう、、、と感じたことはありませんか?


活学ITスクールは、「未経験者でもITスキルを身につけ、IT業界で活躍できる人材を育成する」スクールです。

私たちは、日本初のアニメーション動画で直感的に理解できるオリジナルカリキュラムを用意。
また、「少人数制でいつでも聞ける環境」で、一人ひとりの学習をサポートします。

講師陣は、IT業界の第一線で活躍する技術者や教育のプロ。


カリキュラムの作成・監修は講師陣が行い、実践的なプログラミングをより身近で楽しく感じていただけるような工夫を凝らしています。

また、就職・転職サポートも充実しており、一人ひとりの目標に合わせたサポートも行います。

活学ITスクールで、ITスキルを身につけて、IT業界で活躍するあなたの夢を叶えてください!

簡単2ステップで完了

目次