データベースエンジニアとは?年収ややりがい、転職のコツなども解説

IT化が大きく進んだ現代、どんな企業においても、データというものが重要な企業資産となりました。

そのデータを上手に活用する上で欠かせないのがデータベースで、そのデータベースの設計や開発、管理、運用を担う専門家がデータベースエンジニアです。

あらゆる業務のデジタル化、ビッグデータの活用、IoT社会の到来…… これからさらに企業の扱うデータ量が増えていき、それに伴い、データベースエンジニアの活躍の場も増えていくと予想されます。

そのため、データベースエンジニアという職種に興味を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、IT業界未経験者も含め、データベースエンジニアへの転職を考えている方向けに、データベースエンジニアの仕事内容や年収、やりがい、将来性、転職のコツなどをご紹介していきます。

目次

データベースエンジニアとは

まず、「データベース」とは何でしょうか。

データベースとは、コンピュータで利用するデータを一定の形式でまとめ、検索・更新・共有・削除などを行いやすくしたITシステムのことをいいます。

サーバーやネットワークなどと同様、ITインフラの一つとして位置付けられています。

現在では、多くの企業がこのデータベースを導入しています。

データベースで扱うデータとしては、たとえば顧客データや従業員データ、商品データ、売上データ、問い合わせデータ、Webサイトアクセスデータ、機密データなどが挙げられます。

では、「データベースエンジニア」とは何でしょうか。

データベースエンジニアとは、このデータベースの設計や開発、管理、運用を主な業務とするエンジニアのことをいいます。

システムエンジニアやWebエンジニア、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなどと同様、ITエンジニアの一種です。

ありとあらゆる情報がデジタル化される現代において、膨大なデータをいかに適切に管理するか、いかに有効利用するか、いかにそれらを高効率かつ低コストで行うかは、多くの企業にとって重要な課題です。

データベースエンジニアは、ITの観点から、最適なデータ活用環境の実現に貢献します。

データベースエンジニアの業務内容

顧客にデータ活用環境を提供するデータベースエンジニア。

その業務内容は、大きく「データベースの設計・開発」「データベースの管理」「データベースの運用」の3つに分けることができます。

データベースの設計・開発

顧客企業のニーズに応じて、データベースを設計・開発する業務です。

業務内容や扱うデータはもちろんのこと、パフォーマンスや拡張性、メンテナンス性、セキュリティなどを考慮しながら行います。

また、開発したデータベースが、期待通りに動作するかどうかのテストも行います。

データベースの管理

データベース導入後、そのデータベースを適切な形で利用できるよう管理する業務です。

具体的には、データ量やアクセス量、パフォーマンスなどに応じて、プログラムの修正やシステムパラメータの調整などを行います。

トラブルが頻発する場合やコストがかかり過ぎている場合などは、システム全体の見直しも行います。

データベースの運用

データベース導入後、そのデータベースが24時間365日安定稼働するよう運用する業務です。

主な業務はデータベースの監視です。「パフォーマンスが低下していないか」「停止につながるような脅威はないか」、定期的に確認を行います。

障害が発生した際には、その対応も行います。

この監視に加え、アクセス権の管理やデータのバックアップなども行います。

データベースエンジニアの需要と将来性

職業について考える際、気になるのが需要と将来性です。

データベースエンジニアの需要、将来性はどうなのでしょうか。

まず、IT業界全体として、少子高齢化、IT市場規模拡大の流れにより、慢性的に人材が不足しています。

経済産業省が2019年に発表したレポート、「IT人材需給に関する調査」では、2018年を基準として2030年までは人材不足が年々深刻化していくと予測されています。

具体的には、2025年には40万人ほど、2030年には45万人ほど、人材が不足すると試算されています。

参照:経済産業省 ー IT人材需給に関する調査

これはデータベースエンジニアにおいても例外ではありません。

裏を返せば、現状としては、データベースエンジニアの需要は高いということになります。

また、近年、ビッグデータ解析やIoTといったIT技術の活用に伴い、企業の扱うデータ量がさらに増大しつつあります

そのため、データベースエンジニアの需要はこれからも伸びていくと予想できます。

しかし一方で、近年はクラウドサービスによるデータベース運用が浸透しつつあり、従来型の業務を行うデータベースエンジニアの需要は減少していくと予想されます。

この点についてはアンテナを張っておく必要があるでしょう。

データベースエンジニアの年収

需要と将来性に加え、年収も気になるところです。データベースエンジニアの平均年収は、一体どれくらいなのでしょうか。

求人情報特化型検索エンジン・求人ボックスが提供するデータによると、データベースエンジニアの平均年収は603万円です。

同じく求人ボックスのデータによれば、ITエンジニアの平均年収が500万円ですので、データベースエンジニアは、ITエンジニアの中でも高めの年収となっています。その要因としては、専門性が高いことや時間外労働が多いこと(詳しくは後述します)などが考えられます。

前述したように、データベースエンジニアは将来的にも需要があると考えられるため、平均年収が上がっていく可能性はあっても、下がっていく可能性は少ないと思われます。

参照:求人ボックス ー データベースエンジニアの年収データ

参照:求人ボックス ー ITエンジニアの年収データ

データベースエンジニアのやりがい

データベースエンジニアという職種には、仕事をする上でどのようなやりがいがあるのでしょうか。

主に次の3つが挙げられます。

顧客貢献度を感じやすい

データベースエンジニアは、顧客に対する貢献度を直に感じやすい職種です。

データベースが扱う顧客データや売上データ、問い合わせデータ、Webサイトアクセスといったデータは、企業活動を行っていく上で重要な情報資産となります。

新商品開発やマーケティング、応対品質向上などに活用されるケースが多くあり、数十年という長期にわたって保管されます。

そのデータの活用環境を提供するデータベースエンジニアは、自分の職務に意義を感じながら、業務を行っていけるでしょう。

プロジェクトの主要メンバーとして活躍できる

データベースエンジニアは、ITプロジェクト内で、主要メンバーとして活躍しやすい職種です。

データベースはITシステムの根幹といっても過言ではありません。

ITシステムにおけるあらゆる機能はデータベースの存在を前提に構築されます。

また、データベースはITプロジェクトの初期段階から必要となるものです。

それだけ、データベースエンジニアは、ITプロジェクト内で大きな影響力を持つことができます。

さまざまな技術に触れる機会がある

データベースエンジニアは、さまざまな技術に触れる機会に恵まれています。

データベースの設計・開発から管理・運用までと関わる工程範囲が広く、またサーバーやネットワーク、セキュリティ、ビッグデータ、IoTなど、関連技術も多くあります。

それだけ、視野が広がりやすいですし、キャリアパスも考えやすいでしょう。

データベースエンジニアの厳しさ

データベースエンジニアのやりがいについてお伝えしましたが、厳しさもあることを意識しておきましょう。

データベースエンジニアの厳しさとして、主に次の2つがあげられます。

責任が大きい

担当するITプロジェクトの規模にもよりますが、データベースエンジニアは、大きな責任を伴いやすい職種です。

データベースは企業内のあらゆるシステムから利用されることが多く、パフォーマンスが低下したときや、システムエラーが発生したときの影響範囲は大規模なものになります。

また、個人情報や機密情報など、重要情報を扱うことも多いです。

それだけ、プレッシャーを感じやすく、ストレスを抱え込んでしまうこともあります。

時間外労働が発生しやすい

データベースエンジニアは、他のITエンジニアと比べ、時間外労働が発生しやすい職種です。

通常、データベースは、24時間365日休みなく稼働することが求められるITシステムです。

そのため、データベースに障害が発生した際には、迅速に対応しなければなりません。

たとえ深夜や休日であっても、現場にかけつける必要があります。

さらに、基本的には障害から復旧するまで帰宅することができないため、長時間労働も発生しやすいです。

データベースエンジニアに求められる知識・スキル

データベースエンジニアには、どのような知識・スキルが求められるのでしょうか。

一般的には、次の4つが求められます。

データベースに関する知識

まず、当たり前のことではありますが、データベースエンジニアにはデータベースに関する知識が求められます。

データベース構造や処理の仕組み、データベース操作言語などの知識は最低限必要となるでしょう。

セキュリティに関する知識・スキル

残念なことではありますが、データというものには、サイバー攻撃や不正アクセスといったトラブルがつきものです。

そのため、データベースエンジニアには、セキュリティに関する知識・スキルが求められます。

クラウドに関する知識・スキル

従来、データベースやサーバー、ネットワークといったITインフラは、自社内に構築するケースが一般的でしたが、近年では、クラウドサービスを利用するケースも増えてきました。

そのため、データベースエンジニアには、クラウドに関する知識・スキルが求められることもあります。

コミュニケーションスキル

データベースは影響範囲の大きいITシステムであるため、データベースエンジニアは多くの関係者と連携していく必要があります。

そのため、データベースエンジニアには、コミュニケーションスキルが求められます。

データベースエンジニアに向いている人

どんな職種にも向き不向きというものがあります。

データベースエンジニアには、どのような人が向いているのでしょうか。主に次の3つがあげられます。

論理的思考力のある

いったん運用をはじめたデータベースに対して、あとから仕様変更することは容易ではありません。

設計段階から、先のことを踏まえながらロジックを組み立てていく必要があります。

そのため、データベースエンジニアには、論理的思考力のある人が向いています。

几帳面な人

影響範囲の大きいITシステムであるデータベースでは、ほんの小さなミス、小さな不整合が、大きなトラブルにつながってしまうこともあります。

そのため、データベースエンジニアには、丁寧かつ正確に仕事を進められる几帳面な人が向いています。

冷静沈着な人

データベースエンジニアは、障害対応に追われることがあり、その際に慌ててしまう人ですと、復旧が大幅に遅れてしまうことがあります。

そのため、データベースエンジニアには、どんな状況でも落ち着いて仕事ができる人が向いています。

データベースエンジニアにIT業界未経験から転職するには

これまで解説してきたデータベースエンジニア。

IT業界未経験からでも転職は可能なのでしょうか。

IT業界未経験者からデータベースエンジニアに転職をする場合、主に次の2つのアプローチがあります。

システムエンジニアなどとして経験を積む

まず、システムエンジニアなどとして経験を積むというアプローチがあります。

データベースエンジニアの求人募集では、多くの場合、ITプロジェクトに携わった経験が求められます。

IT業界未経験からいきなりデータベースエンジニアへの転職は、難易度が高いと言えます。

一方で、システムエンジニアの求人募集では、経験を問わないというケースが珍しくありません。

もちろん、転職市場の状況にもよりますが、システムエンジニアなどとしてITプロジェクト経験を積みながらデータベースエンジニアを目指す方法が、遠回りのようで近道という場合もあるでしょう。

データベース関連の知識・スキルを独学で身につける

続いて、データベース関連の知識・スキルを独学で身につけるというアプローチがあります。

IT業界未経験からデータベースエンジニアへの転職は難易度が高いとお伝えしましたが、不可能ではありません。

業務をこなすために必要な知識・スキルが既にあると、企業の採用担当者に認識してもらえれば、採用してもらえることもあるでしょう。

データベースに関する知識・スキルの習得は独学でも可能です。

書籍の活用、オンライン学習サイトの活用など、その方法はさまざまです。

データベース関連の資格を取得するのも有効な方法です。

資格を取得する過程で体系的な知識を身につけることができます。

ある程度の知識を習得できたら実際にデータベースを構築してみてもよいでしょう。

クラウドサービスを利用すれば、比較的手軽に行うことができます。

データベース関連の資格4選

ここでは、データベース関連で代表的な資格を4つご紹介します。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、経済産業省所管の独立行政法人・情報処理推進機構が運営する「情報処理技術者試験」の一つで、IT人材に必要とされる基本的な知識・スキルを有しているかが問われます。

データベースに特化している資格ではありませんが、IT人材の登竜門と位置付けられています。

データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は、基本情報技術者試験と同じく、情報処理推進機構が運営する情報処理技術者試験の一つで、ITプロジェクトにおけるデータベース責任者に必要とされる知識・スキルを有しているかが問われます。

非常に難易度が高く、「持っていれば転職に困らない」などといわれるほどの資格です。

ORACLE MASTER

ORACLE MASTER(オラクルマスター)とは、日本オラクル株式会社が運営する資格で、同社のデータベース関連製品「Oracle Database」を扱う知識・スキルを有しているかが問われます。

「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」の4つのレベルがあります。

Oracle Databaseはシェア率の高い製品ですので、多くの企業の採用担当者がORACLE MASTERの有無を参考にしています。

OSS-DB技術者認定資格

OSS-DB技術者認定資格は、NPO法人LPI-Japan(エルピーアイジャパン)が運営する資格で、オープンソースデータベースに関する知識・スキルを有しているかが問われます。

「Silver」と「Gold」の2つのレベルがあります。

データベースエンジニア経験後のキャリアパス

最後に、データベースエンジニアとしての経験を活かして目指すことのできる職種を4つご紹介します。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、ITシステム全体をサイバー攻撃や不正アクセスなどの脅威から保護する職種です。

通常、データベースエンジニアは、データベースの設計などを行う際、セキュリティを十分に考慮しながら行います。

セキュリティに特化した経験のあるデータベースエンジニアであれば、セキュリティエンジニアを目指しやすいでしょう。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアとは、クラウドサービスを利用したITシステムを設計、開発、管理、運用する職種です。

クラウドサービスを活用したITプロジェクトに携わった経験のあるデータベースエンジニアであれば、クラウドエンジニアを目指しやすいでしょう。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、ITプロジェクト全体を統括・管理する職種です。予算・品質・納期に対して責任を負い、各関係者と調整を行いながらプロジェクトを進めていきます。

ITプロジェクトの全工程に関わる機会が多いデータベースエンジニアは、プロジェクトマネージャーを目指すこともできます。

特にコミュニケーションスキルの高い人、リーダー経験のある人が適しています。

データサイエンティスト

データサイエンティストとは、企業内に蓄積されているさまざまなデータを収集、加工、分析する職種です。新商品開発や業務プロセス改革などにいかせる知見をデータから引き出し、顧客企業に提供します。

ITエンジニアとは毛色が異なりますが、データベースの知識やデータベース操作言語のスキルが求められるため、データベースエンジニアからでも目指せる職種です。

まとめ

ここでは、データベースエンジニアへの転職を考えている方に向けて、データベースエンジニアの仕事内容や年収、やりがい、将来性、転職のコツなどをご紹介してきました。

データベースエンジニアは、大きな責任を伴いやすい職種ではありますが、比較的年収が高く、やりがいや将来性もある職種です。

ただし、IT業界未経験からいきなり転職することは難しいかもしれません。

必要なステップを確実に踏んでいきましょう。

この記事の内容が、データベースエンジニアを目指す方のご参考になれば幸いです。

この記事の監修者

べるぜ

IT業界歴15年。未経験からエンジニア職に転身し、現在は時価総額ランキング上位の大手企業管理職として働く。自部署の採用や組織マネジメントも担当。「お仕事応援ドットコム」の運営管理人。全社表彰や最優秀組織長賞等といった表彰をいくつも受賞。

目次