コールセンターから転職できる?転職に評価されるスキルとポイントを解説

コールセンターで仕事をする人の中には、「コールセンターを辞めたい…」と悩む人もいるのではないでしょうか。

今回は、コールセンターから転職したい方向けに、「コールセンターを辞めたい…」と悩む代表的な理由を紹介し、転職する際に評価されるスキルについて紹介します。

また、コールセンターから転職するときに意識しておきたいポイントについても詳しく解説していきます。

コールセンターから転職を考えている人は、是非この記事を参考にしていただけますと幸いです。

目次

「コールセンターを辞めたい…」よくある5つの転職理由

「コールセンターを辞めたい…」と思う人の中で、代表的な転職理由を5つ紹介します。

仕事量が多く覚えるべきことが多い

コールセンターの業務は仕事量が多く、覚えることが多い点が挙げられます。

特に初めての方にとっては、対応すべき問い合わせの種類や、商品やサービスの細かな仕様などを覚えるのに苦労することも少なくありません。

また、いくら覚えたとしても、お客様の問い合わせに的確に応えるためには、素早く情報を引き出す能力も必要です。

これらの大きな負担から、コールセンターでの勤務が長続きしない人も多いです。

クレーム対応でストレスを抱えやすい

コールセンターに勤務する際に最もストレスを感じる業務の一つが、クレーム対応ではないでしょうか。

お客様からのクレームや苦情に正確かつ効率的に対応することが求められますが、その一方で、感情移入することが難しいと感じる場合もあります。

このような状況下で働くことは、長期的に見て、メンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性があるため、ストレスフルな作業環境といえます。

仕事が忙しくプライベートの時間が取れない

コールセンターで働く多くの人々が、仕事とプライベートのバランスを維持することに苦労しています。

コールセンターの仕事は常に忙しく、テレフォンオペレーターは非常に多忙かつストレスの高い環境で働きます。

シフト勤務が多く、勤務時間が不規則である人も少なくないです。

そのため、プライベートな時間を確保することは困難です。

プライベートな時間がなくなると、ストレスや疲れがたまることになり、長時間の勤務が続くことで心身共に疲弊してしまいます。

さまざまなスキルを身につけたい

コールセンターを辞めたい理由として、スキルアップやキャリアアップをしたいという点が挙げられます。

コールセンターの仕事は顧客対応が中心であり、コミュニケーション能力を身につけることができますが、それ以外のスキルアップについては限界があります。

例えば、ビジネスの基礎知識や新しい技術について学びたい場合には、コールセンターの仕事では十分な機会が与えられません。

そのため、より広い視野や知識を得るために他の職種への転職を検討する方も少なくありません

将来のキャリアが不安

コールセンターで働くことが将来的なキャリアに繋がらないと感じる人もいるでしょう。

現代の就業市場では、コールセンター業界は確かに需要があるものの、将来を見据えた長期的なキャリアとしては考えにくい点があります。

そのため、コールセンターでの働き方に不安を感じ、他の業界に転職したり、専門的なスキルを身につけるためにスクールへの進学を考える人も少なくありません。

転職・就職相談から副業・現職のお悩み相談まであらゆる相談に乗ってもらえます。

コールセンターから転職するときの難易度

コールセンターから転職する際の難易度は、その人の経験やスキルによって異なります。

一般的には、コールセンターでの経験を積んでいる場合、それを活かせる職種への転職は比較的スムーズに行えると言われています。

しかし、コールセンターでの業務内容や雇用形態によっては、他の職種への転職が難しい場合もあります。

そのため、転職前に自分自身のスキルや強みを把握し、転職先で求められるスキルや資格を習得することが重要です。

コールセンターから転職するときにおすすめの業種

コールセンターの業務に携わっていた方にとって、異業種へ転職することは決して容易なことではありません。

しかしながら、コールセンターで培った技術や知識は、他の業種でも活かせる可能性があります。

コールセンターから転職するときにおすすめの業種を5つ紹介します。

営業事務・秘書

コールセンターから転職する際におすすめの業種として、営業事務や秘書が挙げられます。

これらの業種は、コミュニケーション能力や応対力を求められる点でコールセンターと共通しており、その経験を活かすことができます。

特に、営業事務は、営業代表のサポート業務として、契約書の作成や顧客との調整、見積もり業務等、幅広い業務を担当するため、スキルアップも期待できます。

また、秘書は、社長や役員などの上司のサポート業務として、スケジュール管理や資料作成等、組織内で重要なポジションであることから、社内でのキャリアアップも可能性があります

ビジネスプロセスアウトソーシング

コールセンターから転職する際におすすめの業種として挙げられるのが、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)という分野です。

BPOは、企業が自社の業務を外部に委託することで、コスト削減や業務の効率化を図るビジネスモデルです。

具体的には、マニュアル作成やデータ入力など、ビジネスの中で必要とされる様々な業務を請け負うことがあります。

このような業務は、技術や知識が必要とされることが多く、コールセンターで培ったスキルが活かされることが期待できます。

また、BPOは、障害に対応するための訓練や顧客サポートなど、コールセンターの業務にも通じる部分があります。

そのため、コールセンターで働いた経験がある方にとって、比較的スムーズな転職が可能となるでしょう。

事務職

事務職は、コールセンターの業務と同じくPCスキルを必要とするため、スムーズに職種を移行することができます。

また、事務職には営業事務や経理事務など、様々な種類があり、自分に合った職務を見つけることができます。

さらに、事務職で必要なスキルは独学で学ぶことができるため、転職前に学んでおくことができるというメリットもあります。

販売職や接客業

販売職や接客業は、コールセンターで培ったコミュニケーション能力やマナーが活かせるため、転職先としておすすめです。

ただし、業種によっては応募にあたっての条件や年齢制限が存在する場合もあるため、注意が必要です。

さらに、販売職は店舗スタッフやルート営業など、さまざまな職種があるため、自身の適性に合った職種をしっかりと選ぶことが重要です。

コールセンターから転職するときに評価されるスキル

コールセンターから転職する際には、求人企業が求めるスキルや経験に適合することが大切です。

また、転職する際には、コールセンターで培ったスキルを評価してもらえるようにアピールすることも大切です。

評価されるスキルとして5つ紹介します。

冷静な顧客対応スキル

コールセンターから転職する際には、冷静な顧客対応スキルが評価されるということは重要なポイントです。

このスキルは、クレームや問い合わせなどの対応において必要不可欠なものでありますが、社外の顧客に対して真摯な応対を心がけられることを示すスキルでもあります。

接客業や営業職など、人と接する職業で評価されるスキルになります。

迅速な判断スキル

コールセンターでは、数多くの顧客問い合わせに対応しなければならず、問題解決のためにスピーディーな判断力が求められます。

そのため、コールセンターで働くことによって、ストレスに強く、迅速な判断力を身につけることができます。

このスキルは他の業種でも活用できるスキルなので、積極的にアピールすると良いでしょう。

正確な業務遂行スキル

コールセンターから転職する際には、正確な業務遂行スキルが高く評価されます。

特に、顧客と直接やり取りをする業務であるコールセンター業務においては、顧客からの問い合わせに対して綿密な情報収集や迅速かつ正確な回答が求められます。

そのため、コールセンターで培った正確な業務遂行スキルは、他の業界でも高く評価されるでしょう。

営業スキル

営業スキルは、コールセンターでの仕事で磨かれるものであり、転職する際には特に評価されるスキルとして挙げられます。

電話応対や問題解決など、多岐に渡る業務内容でコミュニケーション能力や説得力が身につきます。

これらのスキルは営業職に限らず、マーケティング職やカスタマーサポート職でも活かせます。

また、コールセンターでの経験があることは、企業側にとっても魅力的なポイントとなります。

コールセンターは、顧客目線でのサービス提供の重要性を理解できる環境であることから、営業スキルだけでなく、カスタマーサポートやマーケティングの視点も身につきます。

PC操作スキル

コールセンターからの転職において、評価されるスキルとして、PC操作が挙げられます。

この理由として、コールセンターの業務には、情報の収集、管理、伝達が欠かせず、そのためにはパソコンを駆使する必要があります。

例えば、問い合わせ対応において、データベースやファイルを検索するために必要な操作スキルが求められます。

また、顧客情報の管理や報告書の作成もパソコンスキルが必要となります。

求人情報において「基本的なPCスキル」が必要とされる理由も、こうした業務に必要なスキルを有していることを前提としているためです。

コールセンターから転職するときにおさえておくポイント

コールセンターから転職する場合、どのようなことに注意しておくべきでしょうか。

ここでは、転職するときにおさえておきたいポイントを3つ紹介します。

コールセンターを辞める理由を明確にする

コールセンターから転職する場合、まずは自分自身がなぜ転職を考えるに至ったのか、その理由を明確にすることが大切です。

その上で、新たな職場でどのようなキャリアアップを目指したいのかを明確化することが求められます。

また、転職する際にはコールセンターでの経験がどのような強みとなるのかを的確にアピールすることも大切です。

そして、転職する前にしっかりと企業研究を行いましょう。

転職先の企業情報や業界情報を収集し、その企業が求める人物像や仕事内容を把握しておくことで、選考において有利に働くことができます。

自分の強みと弱みを明確にする

コールセンターから転職を検討する場合、まずは、自己分析を行って自分の強みや弱みを明確にすることが重要です。

その上で、自分の能力や志向に合った求人情報を選びましょう。自己PRについてよく把握している専門家である転職エージェントのアドバイスも活用することも手段の一つです。

また、自分の強みが活かせるだけでなく、過去の経験やスキルも活かせるような業界や職種を探すことも重要です。

各業界や職種ごとに必要なスキルや知識を把握して、適切な転職先を選ぶことで、自身のキャリアプランを見据えた転職活動をすることができます。

将来のキャリア目標を定める

コールセンターからの転職が検討される場合、将来のキャリア目標を定めることは非常に重要です。

もし、現在の職場でのスキルや知識が、将来のキャリアにつながらない場合は、転職を検討することも必要となってくるでしょう。

キャリア目標を明確に設定することで、転職先の求人に応募する際には、自分に求められるスキルセットや経験と、転職先が求めるスキルや経験がマッチするような求人を探すことができます。

特定の職種に特化することで、自分自身の能力を高め、将来的に昇進や給与アップなどのキャリアアップを実現することも十分に可能です。

将来的にもキャリアアップが期待できる職種を選択し、積極的に情報収集や求人検索を行い、自分自身の未来を見据えた転職活動を行っていきましょう。

コールセンターから転職するときの選考対策

コールセンターから転職するときの選考対策について紹介します。

履歴書と職務経歴書を書く

コールセンターから転職する場合、まずは書類選考を突破するため、履歴書と職務経歴書を書きましょう。

そして、転職のスペシャリストである転職エージェントなどを活用し、履歴書と職務経歴書のクオリティを高めて行きましょう。

履歴書と職務経歴書は、転職希望者が採用担当者にアピールする最初のポイントです。

そのため、履歴書では、自己PRを明確にし、コールセンターだけでなく他の職種でも活躍できることを示すことが大切です。

職務経歴書では、コールセンターで習得したスキルや経験を具体的に示し、それが他業種でも活かせることをアピールしましょう。

また、書類選考に通過するだけでなく、面接でもアピールすることが大切です。

面接では、自分の長所や短所を明確にして、それに合わせたキャリアプランを示すことが求められます。

志望動機を明確にする

コールセンターから転職する際の選考対策の1つとして、志望動機を明確にすることが求められます。

ただし、その際には単に「コールセンターから転職したい」という動機を述べるだけではなく、自己分析を行い、転職先企業に求める自身のキャリアプランとの関連性を明確にする必要があります。

具体的には、転職後の目標ややりたい仕事内容、自己成長に繋がることなどを明確にすることが大切です。

また、コールセンターでの経験やスキルをアピールすることも重要です。

コールセンターの業務はお客様とのコミュニケーションを中心に展開されますので、一定のコミュニケーション能力や対応力が身につくことが期待されます。

このようなスキルや経験をアピールすることができれば、採用担当者から評価されやすくなります。

さらに、コールセンターでの経験を活かせるポジションや業界に応募することも有効です。

自己PRをまとめる

コールセンターからの転職において、選考対策の1つとして大切なのが自己PRです。

自己PRとは、自身の強みや経験、スキルなどを短くまとめたものであり、面接やエントリーシートなどで使用されます。

自己PRをまとめる際には、自身のアピールポイントを最大限に伝えましょう。

具体的には、過去の実績や業務として経験したこと、それによって得たスキルや知識、それを活かせるポイントなどを挙げると良いでしょう。

また、自己PRは企業に合わせてカスタマイズすることも大事です。

応募先企業の事業内容や求められる能力に合わせて、自己PRの内容や強調するポイントを変えていきましょう。

コールセンターから転職する方法

コールセンターから転職するためには、多くの求人情報を収集する必要があります。

そこで活用したいものが、転職サイトと転職エージェントです。それぞれの活用方法について紹介していきます。

転職サイトを利用する

コールセンターから転職するためには、多くの求人情報を収集する必要があります。

そのために、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトでは、自分の経歴やスキルを登録しておくと、マッチング技術を用いて求人情報を提示してくれます。

また、転職エージェントに登録することで、求人情報の紹介や面接の調整など、転職活動をサポートしてくれる場合もあります。

ただし、いくつかのポイントに注意する必要があります。

まず、転職サイトの信頼性が高いかどうかを確認することが大切です。

求人情報の信憑性をチェックするために、利用者の口コミや評価を参考にすると良いでしょう。

また、自分の希望条件に合致する求人情報が提示された場合でも、企業の評判や雰囲気など、会社の情報を事前に収集しておくことが大切です。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、求職者のスキルや希望条件に基づいて、求人情報を提供してくれます。

また、経験豊富なアドバイザーが、書類選考から面接対策までのサポートをしてくれるため、転職活動に自信のない人にもおすすめです。

転職エージェントは、求人情報を非公開案件から紹介してくれることが多く、コールセンターから事務職や営業職、IT関連職などの異業種への転職もサポートしてくれます。

また、転職エージェントに依存しすぎず、自分自身でも求人情報をチェックし、自分に合った転職先を見つけることも大切です。

コールセンターから異業種に転職する際には、転職エージェントを活用し、自分自身でも情報収集を行い、幅広い視野を持って転職活動を進めていきましょう。

まとめ

コールセンターから転職する際に有利になるスキルと転職する際のポイントについて紹介しました。

コールセンターから異業種へ転職する人は多く、様々な選択肢があります。

転職を考えている方の参考になれば幸いです。

未経験からIT業界で活躍するなら活学ITスクールがおすすめ!

プログラミングって難しそう、、、と感じたことはありませんか?


活学ITスクールは、「未経験者でもITスキルを身につけ、IT業界で活躍できる人材を育成する」スクールです。

私たちは、日本初のアニメーション動画で直感的に理解できるオリジナルカリキュラムを用意。
また、「少人数制でいつでも聞ける環境」で、一人ひとりの学習をサポートします。

講師陣は、IT業界の第一線で活躍する技術者や教育のプロ。


カリキュラムの作成・監修は講師陣が行い、実践的なプログラミングをより身近で楽しく感じていただけるような工夫を凝らしています。

また、就職・転職サポートも充実しており、一人ひとりの目標に合わせたサポートも行います。

活学ITスクールで、ITスキルを身につけて、IT業界で活躍するあなたの夢を叶えてください!

簡単2ステップで完了

目次