大学生におすすめのプログラミングスクール10選!メリットから注意点まで徹底解説

「大学生だけどプログラミングスクールに通っていいの?」

「大学生におすすめなのはどんなスクール?」

このような悩みのある方のために、本記事では大学生におすすめのプログラミングスクールを10校ご紹介します。

大学生のうちからプログラミングを学んで、IT企業への就職活動やインターンを有利に進めたいという方も多いでしょう。

社会人だけでなく、大学生がプログラミングを学ぶ場合でも、スクールの受講はおすすめの学習方法の1つです。

本記事では、大学生にプログラミング、プログラミングスクールがおすすめな理由やスクールの選び方、注意点まで解説します。

目次

大学生がプログラミングを学習する4つのメリット

大学生のうちからプログラミング学習をはじめることで、以下のようなメリットが期待できます。

  • アルバイト・副業につながる
  • 就職活動で有利になる
  • 卒業後の選択肢が広がる
  • 一生使えるスキルが身につく

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

アルバイト・副業につながる

プログラミングを使ったアルバイト・副業は高単価になりやすく、学生のアルバイトとしては高い収入が期待できる仕事です。

プログラミングスキルを活かしてインターンに参加することもできるため、収入を得ながら就職活動の準備ができるというメリットもあります。

スキルがなければ仕事ができないため、十分な学習が求められますが、習得できれば効率的に収入を得ることもできるでしょう。

就職活動で有利になる

高度なプログラミングスキルは、就職活動でのアピールポイントになります。

IT系企業にエンジニアとして就職する場合はもちろん、そうでない企業・職種に就職する場合でも、高度なITスキルは評価の対象となるでしょう。

プログラミングスキルの習得には相応の努力が求められるため、学習意欲の高さや集中力を評価してもらえることもあります。

卒業後の選択肢が広がる

プログラミングスキルがあれば、卒業後の選択肢も広がります。

IT企業への就職がしやすくなるだけでなく、その後フリーランスエンジニアとして独立しやすくなるなど、学生のうちからスキルを身につけて実務経験を積んでおけば、幅広い選択肢が期待できるでしょう。

一生使えるスキルが身につく

プログラミングスキルは、一生使えるスキルです。

もちろん時代によって需要の高いスキルは異なり、技術革新も起こるため、継続的なスキルアップは欠かせません。

しかし、一度十分なプログラミング学習を経験すれば、IT業界で働いていくために必要な基礎的スキルは身につけることができるでしょう。

大学生がプログラミングスクールに通う4つのメリット

大学生のうちからプログラミングを学んでおくことには多くのメリットがありますが、学習の際はプログラミングスクールの受講がおすすめです。

ここでは、大学生がプログラミングスクールに通うメリットを4つご紹介します。

  • 学習効率が高い
  • 大学に通いながら受講できる
  • 学割が使える
  • 受講生のコミュニティに参加できる

学習効率が高い

独学に比べて圧倒的に学習効率が高いのが、プログラミングスクールに通う最大のメリットです。

独学は困った時に頼れる相手がいないため挫折しやすく、効率的な学習とは言えません。

スクールでは経験が豊富な講師による指導を受けながら学習できるため、効率的な学習でスキルを身につけられます。

大学に通いながら受講できる

大学に通いながらでも受講しやすいのも、スクールに通うメリットの1つです。

特に大学生は授業の空き時間や長期休暇など、社会人よりも融通がきく時間が多いでしょう。

空き時間を利用してオンライン対応のスクールを受講したり、長期休暇中に短期集中でスクールを受講したりと、時間を有効活用しながら、大学とプログラミング学習を両立させることができます。

学割が使える

学割が使えるのも、大学生がプログラミングスクールに通う大きなメリットです。

全てのスクールで学割が提供されている訳ではありませんが、社会人の場合よりも数万円程度は安く受講することが可能です。

プログラミングスクールの受講料は高額なことが多いため、少しでもお得に受講できないか、チェックしておきましょう。

受講生のコミュニティに参加できる

プログラミングスクールの多くは、受講生・卒業生のみが参加できるコミュニティを運営しています。

勉強会や情報交換のほか、プライベートな交流が生まれることももちろんあるでしょう。

大学以外で交流できる相手を見つけたい方は特に、コミュニティが活発に運営されているスクールを検討してみることをおすすめします。

大学生のプログラミングスクールの選び方

大学生がプログラミングスクールを選ぶ場合、どのようなスクールでも良いという訳ではありません。

ここでは、大学生がプログラミングスクールを選ぶ際にチェックすべきポイントを3つご紹介します。

  • 学割があるか
  • 希望通りのカリキュラムがあるか
  • 独自サービスを開発できるか

学割があるか

学割があるスクールを選ぶことをおすすめします。

プログラミングスクールの受講料は高額で、総額100万円に達するスクールもあるため、学生には負担が大きいものです。

費用は慎重に確認し、無理なく通えるスクールを選びましょう。

希望通りのカリキュラムがあるか

希望通りのカリキュラムがあるスクールを選びましょう。

自分が学びたい言語を学べるか、実務レベルのスキルを習得できるかなど、自分の希望や目標に合ったスクールかどうか、チェックしておく必要があります。

特に、受講料の安いスクールはカリキュラムが限定されていることも多いため、費用とカリキュラムの双方を考慮して検討しましょう。

独自サービスを開発できるか

独自サービスを開発できるスクールを選ぶと良いでしょう。

プログラミングを習得して副業やインターン、アルバイトを行う際、採用の段階でスキルレベルを必ずチェックされます。

独自サービスを開発していれば、開発の過程で実践的なスキルを身につけることができるだけでなく、開発したサービスを選考の際に見せることでスキルレベルを伝えることができるでしょう。

独自サービスの開発ポートフォリオ作成指導など、就職や副業・アルバイトに有利になるカリキュラムがあるスクールを選ぶことをおすすめします。

大学生におすすめのプログラミングスクール10選

それでは、大学生におすすめのプログラミングスクールを10校ご紹介します。

  • クリプテックアカデミア
  • GeekSalon
  • レバテックカレッジ
  • TechAcademy
  • COACHTECH
  • SAMURAI TERAKOYA
  • FREEKS
  • SAMURAI ENGINEER
  • DMM WEBCAMP
  • テックアイエス

それぞれのスクールについて、特徴やおすすめのポイント、基本情報を解説していきます。

スクール選びの参考にしてみてください。

クリプテックアカデミア

クリプテックアカデミア」は、業界では珍しい「大学生限定」のプログラミングスクールです。

現役のフリーランスエンジニアによる個別指導が提供されており、挫折しにくい学習環境が整っています。

生徒のためのオンラインコミュニティが活発に使われているのもポイントです。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、PHP、SQL、AWSなど
コースお試しプログラミングコース
しっかりプログラミングコース
プロフェッショナル養成コース
受講料お試しプログラミングコース:総額100,800円(税込)
しっかりプログラミングコース:総額264,000円(税込)
プロフェッショナル養成コース:総額468,000円(税込)
入会金:32,780円(税込)
期間1ヵ月~3ヵ月
授業形態オンライン
学習サポート専属インストラクター
オンラインコミュニティ
オリジナルサービスなど
キャリアサポート開発インターン
公式サイトhttps://academia.cryptech.co.jp/
クリプテックアカデミアの基本情報

GeekSalon

GeekSalon」も大学生限定のプログラミングスクールで、同期の仲間との交流を大切にしているという特徴があります。

同期の大学生との相談会や勉強会が頻繁に開催されており、悩みや情報を共有しながら挫折しにくい学習ができるでしょう。

受講料がかなりひかえめなので、費用をあまりかけたくないという方におすすめです。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、Ruby、Python、C#、Unity、SQL、Swift、AWSなど
コースWebサービス開発コース
Gameアプリ開発コース
iPhoneアプリ開発コース
WebExpertコース
VideoEditorコース
UI/UXコース
AIコース
Pythonコース
1,2年生チーム企画制作コース
受講料Webサービス開発コース:総額109,340円(税込)
Gameアプリ開発コース:総額109,340円(税込)
iPhoneアプリ開発コース:総額109,340円(税込)
WebExpertコース:総額149,490円(税込)
VideoEditorコース:総額74,580円(税込)
UI/UXコース:総額89,980円(税込)
AIコース:総額149,490円(税込)
Pythonコース:総額49,830円(税込)
1,2年生チーム企画制作コース:総額87,780円(税込)
期間1ヵ月~3ヵ月
授業形態オンライン通学可
学習サポート専属メンター
オンラインコミュニティなど
キャリアサポート
公式サイトhttps://geek-salon.com/
GeekSalonの基本情報

レバテックカレッジ

レバテックカレッジ」は、大学生・大学院生限定のプログラミングスクールです。

就職活動まで支援してくれるため、IT企業への就職を目指してプログラミングを学びたい方はぜひ受講を検討してみてください。

PHPに特化しているためカリキュラムは選べませんが、Web業界で需要の高い言語なので、言語にこだわりがない方であれば特に問題にはならないでしょう。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、PHP、SQL、AWSなど
コース
受講料月額29,800円(税込)
期間3ヵ月
授業形態オンライン通学可
学習サポート専属メンター
オンラインコミュニティなど
キャリアサポートキャリアアドバイザー
企業紹介
書類添削・面接対策など
公式サイトhttps://rookie.levtech.jp/college/
レバテックカレッジの基本情報

TechAcademy

TechAcademy」は、実績が豊富で信頼性が高いプログラミングスクールです。

学生限定のスクールではありませんが、多くの受講生を指導している実績があるスクールなので、手厚いサポートと指導が期待できるでしょう。

学割は適用されますが、学生限定スクールよりは受講料が高めなので、長期休暇を利用して短期間で受講するのがおすすめです。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、Python、PHP、Ruby、MySQLなど
大学生におすすめのコースWebデザインコース
Javaコース
PHP/Laravelコース
Ruby on Railsコース
フロントエンドコース
受講料(学割適用後)4週間プラン:総額163,900円(税込)
8週間プラン:総額196,900円(税込)
12週間プラン:総額229,900円(税込)
16週間プラン:総額262,900円(税込)
期間1ヵ月~4ヵ月
授業形態オンライン
学習サポートメンター
チャットサポート
課題レビューなど
キャリアサポートメンタリング
書類添削・面接対策など
公式サイトhttps://techacademy.jp/
TechAcademyの基本情報

COACHTECH

COACHTECH」は、実践的なカリキュラムと案件獲得支援が魅力の、フリーランスエンジニアを目指せるプログラミングスクールです。

受講料は少々高めではありますが、高レベルな指導と手厚いサポートが受けられるため、大学卒業後からフリーランスを目指したい方は検討してみてください。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、Ruby、MySQL、Dockerなど
コースフリーランスコース
受講料3ヶ月プラン:総額429,000円(税込)
6ヶ月プラン:総額660,000円(税込)
9ヶ月プラン:総額858,000円(税込)
12ヶ月プラン:総額1,089,000円(税込)
(教育訓練給付金制度利用可)
期間3ヵ月~1年
学習サポート質問サポート
コミュニティ
専属コーチなど
キャリアサポートポートフォリオ添削
企業紹介
書類添削・面接対策
案件サポートなど
公式サイトhttps://coachtech.site/
COACHTECHの基本情報

SAMURAI TERAKOYA

SAMURAI TERAKOYA」は、月額2,980円から学べる月額制プログラミングスクールです。

受講料がとにかく低いため、社会人に比べて経済的な余裕が少ない大学生にこそおすすめです。

現役エンジニアによるオンラインレッスンを受けることもできますが、サポート体制はひかえめなため、自主的な学習に自信のある方に向いています。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、Ruby、PHP、Python、SQL、AWSなど
プランプレミアムプラン
ベーシックプラン
ライトプラン
受講料プレミアムプラン:月額6,280円~(税込)
ベーシックプラン:月額4,180円~(税込)
ライトプラン:月額2,980円~(税込)
レッスン回数プレミアムプラン:月4回
ベーシックプラン:月2回
ライトプラン:月1回
授業形態オンライン
学習サポート質問サポート
マンツーマンレッスンなど
キャリアサポート
(レッスン時にキャリア相談も可能)
公式サイトhttps://terakoya.sejuku.net/lp
SAMURAI TERAKOYAの基本情報

Freeks

Freeks」も、同じく月額制のプログラミングスクールです。

現役エンジニアによる勉強会や実践的な授業など、高レベルな学習カリキュラムも評価されています。

受講終了後は副業案件も紹介してもらえるので、実務経験を積みやすいのもポイントです。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、Java、PHP、SQLなど
コース転職コース
スキルアップコース
受講料転職コース:月額10,780円(税込)
スキルアップコース:月額21,560円(税込)
授業形態オンライン
校舎への通学も可
学習サポート質問サポート
メンタリングなど
キャリアサポートキャリアカウンセラー
企業紹介
書類添削・面接対策など
公式サイトhttps://freeks-japan.com/
Freeksの基本情報

SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEER」は、豊富な実績が魅力のプログラミングスクールです。

プログラミングスクールの中ではトップクラスの実績があるため、高い信頼性と手厚いサポートが期待できます。

受講料が高めに設定されているので、受講の際は慎重に検討しましょう。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、Python、PHP、Ruby、MySQL、AWS、Dockerなど
大学生におすすめのコースエキスパートコース
教養コース
Webデザインコース
受講料エキスパートコース
12週間プラン:総額569,250円(税込)
24週間プラン:総額840,950円(税込)
36週間プラン:総額1,039,500円(税込)
48週間プラン:総額1,227,600円(税込)

教養コース
4週間プラン:総額165,000円(税込)
12週間プラン:総額297,000円(税込)
24週間プラン:総額396,000円(税込)

AIコース
4週間プラン:総額165,000円(税込)
12週間プラン:総額297,000円(税込)
24週間プラン:総額396,000円(税込)
期間1ヵ月~6ヵ月
授業形態オンライン
学習サポート交流イベント
マンツーマン指導
質問対応など
キャリアサポート専属プロ講師
案件トライアルなど
公式サイトhttps://www.sejuku.net/
SAMURAI ENGINEERの基本情報

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP」は、「大学生向け就活対策コース」を提供している珍しいプログラミングスクールです。

1年生から始められるコースで、就活対策講義や書類添削、求人・インターン先紹介など、大学生の就活をトータルにサポートしてもらえます。

未経験からでも習得しやすいカリキュラムになっているため、ITに自信がない方にもおすすめです。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、Rubyなど
大学生におすすめのコース大学生向け就活対策コース
受講料大学生向け就活対策コース
4週間プラン:総額163,009円(税込)
8週間プラン:総額215,809円(税込)
12週間プラン:総額268,609円(税込)
16週間プラン:総額321,409円(税込)
期間1ヵ月~4ヵ月
授業形態オンライン
学習サポートメンタリング
マンツーマンサポートなど
キャリアサポート就活対策講義
書類添削
求人・インターン紹介など
公式サイトhttps://web-camp.io/
DMM WEBCAMPの基本情報

テックアイエス

テックアイエス」は、実践的な指導とカリキュラムが高く評価されているプログラミングスクールです。

現役エンジニアによる手厚いサポートを受けながら学習を進められるため、未経験からでも実践で役立つスキルを身につけられます。

大学生の方には、「短期スキルコース」がおすすめです。

項目内容
学べる言語・スキルHTML/CSS、JavaScript、PHP、SQLなど
大学生におすすめのコース長期PROスキルコース
短期スキルコース
受講料長期PROスキルコース:総額686,400円(税込)
短期スキルコース:総額343,200円(税込)
期間6ヵ月
授業形態オンライン
学習サポート質問サポート
コミュニティなど
キャリアサポート
公式サイトhttps://techis.jp/
テックアイエスの基本情報

大学生がプログラミングスクールに通う際の注意点

大学生がプログラミングスクールに通う際は、以下の4つのポイントに注意しましょう。

  • ライフスタイルに合ったプログラミングスクールを選ぶ
  • 質問しやすい環境かどうかチェック
  • 無料のプログラミングスクールに注意
  • 複数のスクールの無料体験・カウンセリングを受ける

ライフスタイルに合ったプログラミングスクールを選ぶ

ライフスタイルに合ったプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

学業と両立させやすいように、オンラインに対応しているスクールや、大学の近くに教室があるスクールを選ぶことをおすすめします。

ライフスタイルに合わないスクールを選んでしまうと、学習が進めにくく、挫折してしまうかもしれません。

質問しやすい環境かどうかチェック

講師への質問がしやすいスクールかどうか、チェックしておきましょう。

分からないことを講師に質問しながら進められるのが、プログラミングスクールの大きなメリットです。

チャットでの質問への回答が速いスクールか、質問できる時間帯が限定されていないかなど、口コミを確認しておくことをおすすめします。

無料のプログラミングスクールに注意

無料のプログラミングスクールには注意が必要です。

プログラミングスクールの多くは有料で、高額な受講料がかかることも珍しくありませんが、中には無料のスクールもあります。

無料のスクールは受講に条件があることが多く、スクールの紹介する企業に入社しなければならないといった縛りがあるので、受講後の選択肢が限定されてしまうかもしれません。

評判や実績をきちんとチェックし、受講料以外のポイントも見極めて受講を検討しましょう。

複数のスクールの無料体験・カウンセリングを受ける

プログラミングスクールを選ぶ際は、必ず複数のスクールの無料体験やカウンセリングを受けましょう。

公式HPやSNSなど、インターネットで得られる情報だけでは、スクールについて適切な判断はできません。

実際に授業の雰囲気を体験し、気になるポイントについてきちんと質問して、スクール選びの判断材料を増やしておきましょう。

プログラミングに挫折したらインフラ系スクールの受講もおすすめ

IT系のスキルに関心はあるけどプログラミング学習に挫折してしまった」という方もいるでしょう。

そのような方は、インフラエンジニアというキャリアも検討してみてください。

サーバーやネットワークといった技術を「インフラ」と言い、インフラ分野を扱うエンジニアを「インフラエンジニア」と言います。

インフラエンジニアにはプログラミングスキルがなくても就職できるのはもちろん、新卒であれば全くの未経験からでも就職は十分に可能です。

新卒からインフラエンジニアとして確実に就職したい場合、好待遇な企業に就職したい場合は、インフラ系スクールの受講も検討してみてください。

インフラエンジニアとプログラマーの違いは下記の記事でより詳しく解説しています。

まとめ

大学生にも、プログラミングスクールの受講はおすすめです。

大学生のうちからプログラミングを学んでおけば、特に就職活動の際に大きなアピールポイントになることが期待できます。

スクールを受講すれば効率的なプログラミング学習ができるため、独学よりもおすすめです。

大学生がプログラミングスクールを選ぶ際は、大学生限定のスクールや、大学生向けのコースを提供しているコース、学割があるスクールを選ぶことが大切です。

スクール選びは、無料体験やカウンセリングに必ず参加し、複数のスクールを比較して慎重に検討しましょう。

未経験からIT業界で活躍するなら活学ITスクールがおすすめ!

プログラミングって難しそう、、、と感じたことはありませんか?


活学ITスクールは、「未経験者でもITスキルを身につけ、IT業界で活躍できる人材を育成する」スクールです。

私たちは、日本初のアニメーション動画で直感的に理解できるオリジナルカリキュラムを用意。
また、「少人数制でいつでも聞ける環境」で、一人ひとりの学習をサポートします。

講師陣は、IT業界の第一線で活躍する技術者や教育のプロ。


カリキュラムの作成・監修は講師陣が行い、実践的なプログラミングをより身近で楽しく感じていただけるような工夫を凝らしています。

また、就職・転職サポートも充実しており、一人ひとりの目標に合わせたサポートも行います。

活学ITスクールで、ITスキルを身につけて、IT業界で活躍するあなたの夢を叶えてください!

簡単2ステップで完了

目次