栄養士から転職を考えるなら必読!おすすめの転職先6選

栄養士として働いているけれど、転職を考えることはありませんか?

栄養士は食事や健康に関する専門知識を持つ貴重な資格ですが、その反面、仕事量や給料、勤務形態などに不満を持つ人も多いようです。

そんな栄養士の方々に向けて、この記事では栄養士から転職する際に知っておきたいことやおすすめの転職先を紹介します。

あなたの理想のキャリアを実現するために、ぜひ参考にしてください。

目次

\ 最短2日で未経験からITエンジニアへ /

栄養士から転職したい人によくある理由7つ

栄養士から転職したいと考える人によくある理由を7つ紹介します。

仕事量が多い

栄養士は食事管理や栄養指導だけでなく、在庫管理、衛生管理、献立作成など多岐にわたる業務を担当しています。

特に病院や介護施設では患者や利用者の個別対応や、医師、看護師との連携も必要です。

そのため、仕事量が多くて辛いと感じる人も少なくありません。

仕事内容がイメージと違う

栄養士は食事や健康に関する専門家として活躍できるというイメージがありますが、実際の仕事内容はそれだけではありません。

たとえば、給食委託会社では調理や配膳などの現場作業が中心で、栄養指導や献立作成などの専門的な業務は少ない場合があります。

また、病院や介護施設では医師や看護師の指示に従わなければならず、自分の意見を伝えにくい場合もあります。

そうしたギャップによって仕事内容に不満を持つ人もいます 。

人間関係に不満がある

栄養士は女性が多い職場です。

同性ならではのトラブルから人間関係に不満がある方も多いです。

また、病院や介護施設に勤務している場合、医師や看護師と連携において不満がある方もいます。

スキルが上がらない

栄養士は、常に最新の栄養学や食事療法の知識を身につけることが大切です。

しかし、仕事が忙しくて勉強する時間が取れなかったり、勉強会や研修などの機会が少なかったりすると、スキルアップができないと感じる方もいます。

給料が低い

栄養士は高度な専門知識を持つ資格職ですが、給料がそれに見合っていないと感じる人も多いようです。

実際、栄養士の平均年収は約400万円で他の資格職と比べて低めです。

また、経験や能力に応じた昇給や賞与が少なかったり、残業代が支払われなかったりする会社もあります。

勤務形態が不規則

栄養士は病院や介護施設などで働く場合、シフト制や夜勤、休日出勤などの不規則な勤務形態になることが多いです。

そのため、プライベートの時間や予定が取りづらくなったり、体調や精神面に負担がかかったりすることもあります。

特に結婚や出産・育児を考える場合、仕事と家庭の両立が難しいと感じる人もいます。

体力的な負担が大きい

栄養士は食事管理や栄養指導だけでなく、調理や配膳などの現場作業を行うことがあります。

重い物を運んだり、長時間立ち仕事をしたりすることも多く、体力的に負担が大きいです。

また、患者や利用者の状態によっては感染症にかかるリスクもあります。

栄養士から転職する前にやるべきこと4つ

栄養士から転職する前にやるべきことは以下の4つです。

本当に辞めるべきかを考える

まずは自分の現状を客観的に見つめ直す必要があります。

仕事に対する不満は一時的なものか、それとも長期的なものなのかを見極めることが重要です。

転職は判断を誤ると、キャリアを巻き返すのが難しくなる場合があるからです。


自分の職場環境や業務内容に対してどのような問題や課題を感じているのか、それらは本当に転職しないと解決できないものなのかを考えましょう。

また、転職によって得られるメリットとデメリットを比較して、将来のキャリアや生活にどのような影響があるのかを考えることも重要です。

転職理由を明確にする

自分がなぜ転職を考えているのか、どのような目標や理想があるのかを整理することも大切です。

たとえば、スキルや知識の向上、給与や待遇の改善などです。

同時にそのような理由に至った背景もセットで考えてください。

明確な転職理由を持つことで、転職先を選ぶ際にも自分に合った業界や職種を見つけやすくなります。

自分の理想を明確にする

自分の理想的な職場や仕事についても明確にしておくことが大切です。

どのような文化の職場や働き方が理想なのか、どのような仕事内容や業界が魅力的に感じるのかを整理します。

自分の強みや興味がある分野についても再確認しましょう。

自分が本当にやりたいことや得意なことを把握することで、転職先をスムーズに決めることができます。

転職エージェントに相談する

栄養士から転職を成功させるためには、転職エージェントとの相談も有効です。

転職エージェントは、求人情報や市場動向に詳しく、転職に関するノウハウやアドバイスを提供してくれます。

自分の希望や要望を伝えることで、より適した求人情報を受け取ることができ、転職活動のスケジュールやアプローチについてもサポートしてもらえます。

転職エージェントを活用して、効率的に転職活動を進めましょう。

\ 最短2日で未経験からITエンジニアへ /

栄養士から転職する5つのメリット

栄養士から転職をするうえでのメリットは以下の5つです。

年収を上げられる

栄養士から転職する際、業界や職種によっては年収を上げられる可能性があります。

転職エージェントの力を借りれば、あなたのスキルや経験を最大限に活かせる転職先を見つけられる可能性があります。

収入面を最優先で改善したい方は転職がおすすめです。

休日を増やせる

会社によっては休日が取りにくいこともあります。

転職することで、より柔軟なシフトや勤務形態の会社で働ける可能性があります。

プライベートな時間や家族との時間を大切にしたい方にとって、休日を増やせるのは大きなメリットです。

副業に挑戦できる

栄養士としてのスキルや知識は、副業として活かすこともできます。

副業が認められる職場に転職することで、就業環境の改善だけでなく、副業によって収入をアップできる可能性もあります。

たとえば、栄養コンサルタントとしての活動やフリーランス栄養士としての仕事など、自分の専門知識を生かした副業が可能になるかもしれません。

副収入を得たり、自分のスキルアップのためにも、副業ができる会社への転職は有益な選択肢です。

人間関係を改善できる

人間関係に悩んでいる場合、転職で改善できる場合があります。

ただし、どこの職場においても発生する問題で悩んでいる可能性もあるため、転職を決断する前に冷静に考えることが大切です。

スキルアップできる

栄養士からの転職は、新しい職種や業界でスキルアップするチャンスでもあります。

異なる分野で戦略的に経験や知識を身につけることで、市場価値を高められます。

これまでの経験や知識をうまく掛け合わせながら、キャリアアップしていくのがおすすめです。

栄養士に向いていない人の特徴3つ

栄養士に向いていない人の特徴として、以下の3つが挙げられます。

自分の健康管理ができていない

栄養士は人の健康管理をお手伝いする仕事です。

そのような仕事において、自分の健康管理ができていない場合、説得力がなくなってしまいます。

栄養学などに関心の高い人であれば、自身の健康管理に無頓着な人はいないのではないのでしょうか。

食への関心が薄い

食への関心が薄い場合も、栄養士として長く活躍するのは難しいでしょう。

食材や栄養素についての知識や新しいトレンドに対する興味がなければ、栄養士としてのレベルアップは難しいからです。

継続的に学び続けることができない

良質なアウトプットは良質なインプットがあることで成り立つものです。

栄養士として高いレベルで活躍していくには、食事のトレンドや栄養に関する新しい情報を常に学び続けることが求められます。

継続的な学びに対する意欲が不足している場合は、ほかの興味が強い分野へエネルギーを使うべきです。

\ 最短2日で未経験からITエンジニアへ /

栄養士資格を活かした転職先6選

栄養士資格を直接的に活かせる転職先を6つ紹介します。

薬局

薬局では、お客様の健康管理や食事指導など、栄養士の知識やスキルを活かした業務が求められます。

食事療法やサプリメントの提案など、お客様のニーズに合わせたアドバイスを行うことが重要です。

時には薬剤師や医師との連携も求められます。

就業時間を安定させたい方におすすめです。

製薬会社・食品会社

製薬会社や食品会社の品質管理部門において、栄養士資格のある人を求めている場合があります。

新商品の開発にあたって栄養価の分析をするなど、栄養の専門家として携わることができます。

研究部門などで業務を担当する場合もあり、より栄養士として専門性を高めたい方におすすめです。

ジム

栄養士の知識を活かせる転職先の一つにジムがあります。

ジムでは、会員様の健康や筋力増強のための食事アドバイスや、栄養指導が求められます。

トレーナーと連携しながら、お客様の目標に合わせた食事プランの提案やアドバイスを行うことが重要です。

ダイエットや筋力トレーニングのジャンルで活躍してきたい方におすすめの転職先です。

病院

病院では患者の状態に応じた栄養指導や食事の調整など、患者さんの健康回復をサポートする重要な役割を果たします。

チーム医療の一員として、医師や看護師、薬剤師と協力しながら患者さんの健康管理に貢献できます。

医療業界で活躍していきたい方におすすめです。

介護施設

介護施設では、利用者の方々に対して食事の提供や栄養管理を行います。

栄養バランスや食材の選定、調理方法の工夫などを通じて、利用者の健康維持や生活の質の向上に貢献します。

介護業界でこれまでの知見を活かしたい方におすすめです。

保育園

保育園では、幼児の食事管理や栄養教育を行います。

バランスの取れたメニューの企画や調理など、子どもたちが健康的に成長できるようサポートします。

子どもたちの成長を栄養士としてサポートすることに興味がある方におすすめです。

栄養士から未経験転職する場合におすすめの職種5選

栄養士から未経験転職する場合におすすめの職種を5つ紹介します。

いずれも職種としては未経験でも、栄養士としての経験を転職活動の武器にすることは可能です。

営業

営業はコミュニケーション能力や人との関係構築が求められる仕事です。

栄養士としての知識や経験を活かして、健康食品や栄養補助食品の営業に携わることができます。

営業として実績を挙げられるようになるまで努力を重ねる必要がありますが、インセンティブがある会社も多いため、収入面で大幅に改善を図りたい方にはおすすめです。

事務

事務職はオフィス内での事務作業全般を担当します。

栄養士の経験を活かす場合の転職先としては、医療機関や食品関連企業が挙げられます。

栄養士として働く中で体力面に不安を感じつつも、裏方として活躍したい方におすすめです。

Webライター

Webライターは栄養士資格をフルに活かせる職業の一つです。

栄養士として現職で働きながら副業で始めることもできます。

正社員として転職したい場合にも、副業で経験があると優遇されます。

栄養や健康に関する記事の執筆に携わることができ、文章を書くことが得意な方におすすめです。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスは顧客満足度を高めるためのサポート業務を担当します。

カスタマーサクセスは、サブスクリプション型のサービスを提供している会社に設けられていることが多く、未経験からでも比較的転職しやすい職種です。

栄養士の知識を活かす場合、食とITを掛け合わせた企業への転職が考えられます。

これまでの経験や知識を活かしながら、IT業界にシフトしたい方におすすめです。

ITエンジニア

これまでとは毛色の異なる職種に思えるかもしれませんが、ITエンジニアも未経験から挑戦できる職種の一つです。

ITエンジニアにもさまざまな種類があり、場合によっては栄養士の資格が活きることもあります。

具体的には、ヘルスケア関連のアプリやウェブサービスを開発している企業に転職できた場合です。

なお、ITエンジニアにもさまざま種類があります。

システムエンジニアやインフラエンジニアについて詳しく解説している記事がありますので、興味がある方は併せてチェックしてみてください。

\ 最短2日で未経験からITエンジニアへ /

栄養士から転職する際に面接で聞かれること

転職する際に面接で聞かれることを事前に把握し、対策しておきましょう。

自己紹介

自己紹介は面接の第一印象を左右する重要なパートです。

下記の項目を1分程度で簡潔に伝えましょう。

  • 氏名
  • 現職での仕事内容や役割
  • 現職で身につけたことや実績
  • 志望理由

転職理由

転職理由については、自分のキャリアをどう発展させたいのか、どういう働き方を求めているのかを明確に伝えましょう。

ネガティブな理由は避けて、ポジティブな理由に変換することが大切です。

志望動機

志望動機は企業への熱意や意欲を示す重要なパートです。

下記3つの項目を軸に、一貫性のある内容にしましょう。

  • なぜその業界を選んだのか
  • なぜその職種を選んだのか
  • なぜその会社を選んだのか

転職先で活かせるスキルや経験

転職先で活かせるこれまでのスキルや経験についても聞かれます。

自分のスキルや経験が転職先でどのように役立つのか、具体的な事例やエピソードを交えて説明しましょう。

数字で語れる実績や成果があるとベストです。

入社後に実現したいこと

転職後はどんなキャリアプランを描いているか、スキルや知識を身につけた結果どのように価値を提供していきたいかなどを具体的に伝えましょう。

転職先のビジョンや方針に沿った目標を示すことが重要です。

栄養士から未経験転職を成功させるためのポイント3つ

栄養士から未経験転職を成功させるにはいくつかポイントがあります。

ここでは大事なポイントを3つ紹介します。

転職の軸を定める

未経験転職を成功させるためには、まず転職の軸を明確にする必要があります。

軸なしで転職活動をするのは、コンパスなしで航海にでるようなものです。

軸を定めることで、スムーズな判断ができチャンスを逃しません。

転職活動において自分は何を重視するのかをよく考えてみてください。

その上で優先順位をつけていきましょう。

同時にすべての理想を叶えることは難しいためです。

準備を怠らない

転職の軸を明確にすることも準備のひとつですが、転職先の業界や職種について調べることも重要です。

自分が転職したい業界にも関わらず、あまり業界研究や企業研究をせずに面接に臨んでしまう方も多いですが、おすすめできません。

なぜなら、採用担当者にその業界で働く意欲が伝わらないからです。

また、転職前によく調べなかったことで転職後にギャップを感じ、すぐに転職を考えてしまう方もいるためです。

自己分析と同時に、業界、職種、企業について転職前にきちんと調べておけばギャップは少なく済みます。

転職してから後悔しても遅いため、必要な準備は怠らないようにしましょう。

転職エージェントの活用

未経験転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは、求人情報の提供やキャリアアドバイス、面接対策などさまざまなサポートを提供してくれます。

自分の希望条件やキャリアの要望を伝え、プロのアドバイスを受けることで、効率的な転職活動が可能です。

転職エージェントが持っている豊富な情報を活用し、未経験転職を成功させましょう。

ITエンジニアへ未経験転職を検討されている場合は、PCスキルがゼロでも最短2日でITエンジニアを目指せる、活学キャリアも検討してみてください。

>> 活学キャリアの詳細を見る

栄養士から転職するなら理想を実現するための一歩を踏み出そう

今回は、栄養士からの転職におすすめの転職先や転職時の注意点について紹介しました。

20代であれば未経験からでも転職難易度は比較的低いです。

収入をアップしたい、リモートワークで働ける環境を手に入れたいなどの理想を叶えることも可能です。

せっかく転職するのであれば、自分の理想が実現できる方向に一歩を踏み出しましょう。

目次