IT転職・就職未経験者に有利な資格おすすめランキング21選!メリットや勉強方法なども解説

IT資格を取得すれば、幅広い業務の効率化に役立つ知識が得られるほか、未経験からITエンジニアへの転職も有利になります

この記事では、初心者が取るべきおすすめIT資格を、ランキング形式で15種類紹介します。

資格の種類メリット注意点勉強方法などもお伝えするのでぜひ参考にしてください。

また、ジャンル別でのIT資格紹介は、こちらをご覧ください。

【本記事でおすすめのIT資格21選】

スクロールできます
資格名特徴おすすめの人合格率受験費用
ITパスポートハードウェアやソフトウェアの概念などに関する知識を証明できる・ITを活用するすべての社会人
・ITに関する基礎知識を身につけたい人
・IT業界でのキャリアを考えている人
50%前後税込7,500円
情報セキュリティマネジメント試験情報セキュリティに関する基本的な知識やスキルを認定する・情報セキュリティに関連する仕事をしている人
・これから情報セキュリティに関連する仕事に就きたい人
50〜60%程度
税込7,500円
MOSマイクロソフトオフィス製品のスキルを測る・日常的にMicrosoft Office製品を使用している人
・Officeスキルを客観的に証明したい人・就職
・転職でOfficeスキルをアピールしたい人
・一般レベルは約80%
・上級レベルは約60%
・一般レベル:税込10,780円
・上級レベル:税込12,980円
ICTプロフィシエンシー検定試験CT(情報通信技術)を活用する能力を総合的に測る・ICTを活用する立場の人
・ビジネスシーンで役立つスキルを身につけたい人
・自分のパソコンスキルを証明したい人
・1級:約33.3%
・2級:約52.7%
・準2級:約67.0%
・3級:約82.3%
・4級:約89.9%
・1級:税込10,000円
・2級:税込6,220円
・準2級:税込5,200円
・3級:税込5,200円
・4級:税込3,060円
・5級:無料
ドットコムマスター ベーシックICTスキルを体系的・網羅的に身につけられる・インターネットを利用するすべての人
・セキュリティ対策やICT知識を身につけたい人
60〜80%程度税込4,400円
CCNAネットワークの基礎知識から応用までを網羅できる・ネットワークエンジニアを目指す人
・IT業界でのキャリアアップを考えている人
20〜30%程度税込42,900円
LinuCレベル1Linuxに関する基本的な知識や技術を証明する資格・Linuxを業務で使用したい人
・Linuxのスキルをしっかり身につけたい人
50%程度税込16,500円
基本情報技術者試験基礎レベルのIT国家資格・IT技術を軸にして仕事をしたい人
・長期的な視点で努力を続けられる人
40〜50%程度税込7,500円
オラクルマスター ブロンズデータベース管理の業務で求められる基本スキルを証明できる・ITエンジニアでデータベース管理のスキルをアピールしたい人
・Oracle Databaseに関する基礎知識を身につけたい人
公表なし税込37,730円
ITILファンデーションITILに関するエントリーレベルの認定資格・ITサービスマネジメントやITILの基礎知識を理解していることを証明したい人
・情報システム部門で働く新入社員
・ITサービスの品質改善に興味がある人
50%〜60%程度税込35,200円
Oracle認定Javaプログラマ ブロンズJavaの開発元が提供するベンダー資格・プログラミング未経験者やJavaを学びはじめたばかりの人
・Javaの基本文法やプログラミングの基本的な考え方を理解したい人
公表なし税込14,630円
Ruby技術者認定試験 シルバーRubyを用いたシステム開発の基礎知識と応用力を認定・Rubyの基礎を学びたい初心者
・Rubyベースのシステムを設計・開発・運用するエンジニア
75%程度税込16,500円
PHP技術者認定初級試験PHPの基本的な知識やスキルを認定・これからプログラミングを始める人
・コーディングを学びたいデザイナー
70〜80%程度税込13,200円
C言語プログラミング能力検定試験C言語の基本知識や開発スキルを証明・C言語の基本的な仕様や動作を学びたい人
・C言語のスキルを証明したい人
65%程度1級:税込7,800円
2級:税込6,400円
3級:税込5,200円
Pythonエンジニア認定基礎試験Pythonの基本的な知識・スキルを認定・プログラミング未経験者
・Pythonを学びはじめたばかりの人
・Pythonの基礎知識を証明したい人
75〜80%程度税込11,000円
ネットワークスペシャリスト試験経済産業省が認定する国家資格・ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す人
・IT業界でのキャリアアップを目指す人
13~15%程度税込11,000円
システムアーキテクト試験システムに関する高度な知識と技術が必要な国家資格・上級エンジニアを目指す人
・ITシステムの設計者として活躍したい人
13〜15%程度税込7,500円
データベーススペシャリスト試験データベースに関する深い知識が問われる国家資格・システムの企画・要件定義・開発・運用・保守に参画するエンジニア
・データベース管理者やインフラエンジニアを目指している人
15〜18%程度税込7,500円
ITサービスマネージャー試験システム運営の指揮・管理する能力を証明・システム運用管理業務を実施する担当者
・プロジェクトのリーダーやマネージャーに転職したい人
15%程度税込7,500円
プロジェクトマネージャー試験システム開発プロジェクトの責任者としての知識・スキルを証明プロジェクトマネージャーを目指している人13〜15%程度税込7,500円
ITストラテジスト試験事業戦略の提案から推進までの幅広い知識・スキルを証明・IT戦略の立案や企業経営に関わる人
・プロジェクトマネジメントやビジネスプロセスの改善などに必要な知識を身につけたい人
15%程度税込7,500円

なおIT資格を取得し、さらにIT関連への転職を検討しているなら活学キャリア支援をご活用ください。

IT業界未経験の方でも応募できる研修制度付き求人をご用意しています。エンジニアとしての求人を多数取り扱っているので、興味のある方はぜひお問合せください。

目次

\ 最短2日で未経験からITエンジニアへ /

未経験者がIT資格を取るべき理由

未経験者がIT資格を取るべきなのは、昨今の社会情勢を踏まえた上の画像にあげたような理由があるからです。

以下、それぞれ詳しく解説します。

IT業界の人手不足が拡大している

経済産業省が公表する調査報告書によると、我が国のIT人材は2030年に向けて最大79万人不足します

2023年現在でもすでに30万人以上不足しており、初心者も動員しないと人材をまかなえないのがIT業界の現状です。

そのため、スキルを客観的に証明できるIT資格を持っておけば、IT業界で仕事を見つけるのは比較的容易だといえます。

需要が大きい分、高給与も期待できます。

参考:経済産業省委託事業「IT人材需給に関する調査 調査報告書

DXが進み一般企業でもITスキルが求められる

DX(デジタル技術で職場や生活を変革すること)の推進により、一般企業においてもITスキルの重要性が高まっています。

コロナ禍でリモートワークが普及したことで、その傾向はより一層顕著になりました。

そのため、ITエンジニアになるかどうかにかかわらず、IT資格を取ってITスキルを向上させることは重要です。

とくにITに疎い初心者ほど、早めに学習しておいたほうが良いでしょう。

ITツールを活用することで生産性が向上する

世の中がITツールを求めるのは、それが生産性の向上に寄与するからです。

生産性が向上するとは、収益性が上がり、事業者のもうけが増えることを意味します。

そのため、ITベンダー資格やITベンダーニュートラル資格を持ち、特定のツールを使いこなせる人材の価値は高いです。

IT資格を取得すれば、社内ないし転職市場での評価が高まり、キャリアアップや収入アップが見込めます。

未経験者がIT資格の取得で得られるメリット5つ

未経験者がIT資格を取れば、上画像のようなメリットを得られます。

魅力を感じる人は、ぜひIT資格への挑戦を検討してみてください。

ITリテラシーを高められる

IT資格はITリテラシー(ITを正しく利活用する力)を高めるのに役立ちます。

例えば、初心者向けのITパスポートでは、ネットワークやセキュリティのほか、IT戦略や法務なども幅広く学べます。

これからのIT社会を生き抜くための素養を身につけられるため、IT資格はエンジニアだけでなく社会人全般におすすめです。

知識やスキルを体系的に学べる

IT資格を受験する場合、出題範囲に沿って試験勉強をするので、重要な知識やスキルを網羅的に学習できます

初心者の場合、何から勉強を始めて良いか迷うケースもあるでしょうが、そんな場合はIT資格に挑戦するのが効率的です。

例えばCCNAでは、ネットワークの基礎からプログラマビリティまで、ネットワークエンジニアの基礎技能をまとめて学べます。

転職や就職で有利になる

IT資格を取得すれば、特定の知識やスキルを客観的に証明できます

そのため、未経験からITエンジニアに転職・就職する際にアピール材料として利用可能です。

とくにほかの応募者が無資格者の場合は、採用担当者に自分をより魅力的に見せられるでしょう。

未経験でも実務へスムーズに入れる

IT資格の勉強では、エンジニアの仕事の流れや各製品・サービスの使い方なども学べます

そのため、IT資格を取得してから実務に入れば、初心者でも無理なく仕事に順応できるでしょう。

実務への適応が早いほうがほかのエンジニアとの協調もしやすいので、精神的なストレスの軽減も期待できます。

資格手当で収入もアップする

保有するIT資格に応じて月々の資格手当を出すIT企業も多いです。

IT国家資格を例にとると、ITパスポートで5,000円、基本情報技術者で1万円ほどの手当をもらえる可能性があります。

高度な資格になると資格手当が2万円以上になることもあり、IT資格を取ることによる増収の効果は大きいです。

IT資格を取るとメリットがあるのはわかったけど、難しそうだから取れるか不安という方は、下記記事を参考にしてください。IT資格の難易度を解説しています。

未経験者が取れるIT資格は3種類

IT資格には主に上画像にあげたように3種類があります。

いずれも未経験から挑戦できるので、受験するIT資格を選ぶ際の参考にしてください。

IT国家資格

IT国家資格は、経済産業省が所管するIPA(情報処理推進機構)の情報処理技術者試験が代表的です。

情報処理技術者試験には、初心者向けのITパスポートや基本情報技術者の他、応用情報技術者、高度情報技術者といった資格があります。

IT国家資格(情報処理技術者試験)のよい点は、高度な資格も含めて受験資格がなく、未経験者でも挑戦しやすいことです。

IT国家資格については、以下の記事でも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ITベンダー資格

ITベンダー資格とは、特定のベンダー(製造・販売会社)の製品に関する知識やスキルを証明するものです。

例えば、世界的に有名なネットワーキング機器メーカーCisco社の「CCNA」や、Amazonのクラウドサービスに関する「AWS認定」などです。

とくにCisco社の「CCNA」は、ITエンジニアの登竜門的資格として人気が非常に高く、実務での活躍に直結します。

実務での活躍に直結するので、企業の採用担当者もCCNA資格の保有を見ています。

IT企業従事者への聞き取り調査を実施結果:

大手IT企業人事

CCNAの資格を持っている方は、これまで即戦力となる方が多かったので重要視しています。

メガベンチャー採用担当

最も重要視しているわけではないですが、入社後すぐに活躍できる方かどうかの判断基準の1つとして、CCNAを保持しているかは確認します。

地方在住のフルリモート勤務ITエンジニア

転職するためにCCNAを取りましたが、IT初学者の私がプログラミングを勉強するときに最も役立ちました。CCNAを取っていなかったら、何もわからな過ぎてプログラミング学習は間違いなく挫折していたと思います。

資格取得後にすぐに活かせるというような声が多いですね。

IT未経験者の方はとくに、もっておくと転職活動や今後の学習が楽になるでしょう。

​​ITベンダーニュートラル資格

ITベンダーニュートラル資格は、特定のベンダーに依拠しないOSやプログラミング言語、職種などに関連する民間資格です。

Linux(OS)のスキルを証明する「LPIC」や、Ruby言語にかかわる「Ruby技術者」、経済産業省推奨の「ITコーディネーター」などがあります。

ITベンダーニュートラル資格は、エンジニアの仕事に役立つ実務的かつ汎用的なスキルを身につけるのに適切です。

未経験者におすすめの入門IT資格5選

ここからは未経験者におすすめのIT資格をランキング形式で紹介します。

まず取り上げるのは、IT知識がゼロの人、簡単な試験に合格して自信をつけたい人などにぴったりの入門資格です。

順位資格名特徴
1位ITパスポートハードウェアやソフトウェアの概念などに関する知識を証明できる
2位情報セキュリティマネジメント試験情報セキュリティに関する基本的な知識やスキルを認定する
3位MOSマイクロソフトオフィス製品のスキルを測る
4位ICTプロフィシエンシー検定試験CT(情報通信技術)を活用する能力を総合的に測る
5位ドットコムマスター ベーシックICTスキルを体系的・網羅的に身につけられる

1位:ITパスポート

合格率50%前後
おすすめな人・ITを活用するすべての社会人
・ITに関する基礎知識を身につけたい人
・IT業界でのキャリアを考えている人
資格の特徴・経済産業省認定で、ITの基本的な知識や用語、ハードウェアやソフトウェアの概念などに関する知識を証明できる
・試験時間は120分で、小問が100問出題される
受験費用税込7,500円

ITパスポートは、IT企業を含めた企業全般の業務に役立つIT知識を幅広く学べる国家資格です。

ネットワークやセキュリティ、AI、ビッグデータなどのほか、ITに絡めた経営知識も習得できます。

一般の社会人が身につけるべき素養としてITを学びたい場合に、一番おすすめの初心者向けIT資格です。

ただし、転職やキャリアアップで有利になる資格とはいい難いので、目的に合わせて取得する資格を選んでください。

しかくのいろはでは、ITパスポートの無料学習サイトを紹介しているので、ご興味ありましたら是非ご活用ください。

2位:情報セキュリティマネジメント試験

合格率50〜60%程度
おすすめな人・情報セキュリティに関連する仕事をしている人
・これから情報セキュリティに関連する仕事に就きたい人
資格の特徴・情報セキュリティに関する基本的な知識やスキルを認定する国家試験
・科目A試験と科目B試験の総合得点が1,000点満点中600点以上で合格
・試験時間は120分で、科目Aは全48問の四肢択一式、科目Bは全12問の多肢択一式
受験費用税込7,500円

情報セキュリティマネジメント試験は、組織の情報漏えいを防ぐ情報セキュリティ管理の基本スキルを証明する国家資格です。

ITエンジニアの業務のほか、個人情報を取り扱うあらゆる業種・職種・部門の仕事に役立ちます

ITパスポートよりは、一つレベルが上のIT資格になります。

ネットワークエンジニアを目指すためにセキュリティ系のIT資格を検討中なら、CCNAもおすすめです。

CCNA資格取得するだけで、未経験からIT転職する際に圧倒的に有利になります。

3位:MOS

合格率・一般レベルは約80%
・上級レベルは約60%
おすすめな人・日常的にMicrosoft Office製品を使用している人
・Officeスキルを客観的に証明したい人
・就職・転職でOfficeスキルをアピールしたい人
資格の特徴・試験は一般レベル(アソシエイト/スペシャリスト)と上級レベル(エキスパート)がある
・合格基準点は700点以上
・試験はオンラインでも受験可能
受験費用・一般レベル:税込10,780円
・上級レベル:税込12,980円

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)は、エクセルやワードなど、マイクロソフトオフィス製品のスキルを測るベンダー資格。

設計や要件定義をはじめ、ITエンジニアの仕事にもOffice製品はよく使われるので、取得すれば実務力が高まります。

実際、MOSの公式サイトにも、仕事のためにMOSを一通り取得したエンジニアの事例が掲載されています。

4位:ICTプロフィシエンシー検定試験

合格率・1級:約33.3%
・2級:約52.7%
・準2級:約67.0%
・3級:約82.3%
・4級:約89.9%
おすすめな人・ICTを活用する立場の人
・ビジネスシーンで役立つスキルを身につけたい人
・自分のパソコンスキルを証明したい人
資格の特徴・CT(情報通信技術)を活用する能力を総合的に学習できる試験
・選択式テストや論述テストが出題される
受験費用・1級:税込10,000円
・2級:税込6,220円
・準2級:税込5,200円
・3級:税込5,200円
・4級:税込3,060円
・5級:無料

ICTプロフィシエンシー検定(P検)は、企業の職場における「ICTを活用した問題解決力」を証明できるIT資格です。

ITシステムの企画から管理・運用、活用に至るまで、幅広い知識やスキルを身につけられます

5級から1級までの等級があり、初歩的なパソコンスキルから始めて、最終的には上級エンジニアレベルの知識習得を目指せます

5位:ドットコムマスター ベーシック

合格率60〜80%程度
おすすめな人・インターネットを利用するすべての人
・セキュリティ対策やICT知識を身につけたい人
資格の特徴・ICTスキルを体系的
・網羅的に身につけられる
・インターネットの利用に関する技術やモラル、法律などが出題される
・出題数は50問で、100点満点中70点以上が合格基準
受験費用税込4,400円

ドットコムマスター ベーシックは、ICTを安全・安心に活用するための基本的な知識やスキルを証明する初心者向けのIT資格です。

インターネットや情報機器の利用について、あらゆる職種の社会人が知っておくべき事柄を体系的に学べます

なお、上位資格のドットコムマスター アドバンスでは、ITエンジニアに必要なネットワークやシステムなどの知識が問われます。

エンジニアに就職・転職したい未経験者におすすめのIT資格5選

続いては未経験からエンジニアを目指す人におすすめのIT資格を紹介します。

以下を取得しておけば、転職・就職の際にプラスになります

順位資格名特徴
1位CCNAネットワークの基礎知識から応用までを網羅できる
2位LinuCレベル1Linuxに関する基本的な知識や技術を証明する資格
3位基本情報技術者試験基礎レベルのIT国家資格
4位オラクルマスター ブロンズデータベース管理の業務で求められる基本スキルを証明できる
5位ITILファンデーションITILに関するエントリーレベルの認定資格

1位:CCNA

合格率20〜30%程度
おすすめな人・ネットワークエンジニアを目指す人
・IT業界でのキャリアアップを考えている人
資格の特徴・シスコシステムズ社が提供するネットワーク技術者認定資格
・ネットワークの基礎知識から応用までを網羅
受験費用税込42,900円

CCNAは、高度なネットワークを最適化し、管理する基本的なスキルを証明するIT資格です。

ネットワークおよびセキュリティの基礎、IPサービスなど、ネットワークエンジニアに必要な基礎知識を一通り学べます。

なお、活学ITスクールでは、エンジニアになりたい初心者の人に向けた、CCNAの対策スクールを提供しています

初学者向けにとにかく「わかりやすい」オリジナルのカリキュラムアニメーション動画が特徴で、理解度が95.7%と飛び抜けています

また、CCNAの難易度についてはこちらで詳しく説明していますので、参考にしてみてください!

2位:LinuCレベル1

合格率50%程度
おすすめな人・Linuxを業務で使用したい人
・Linuxのスキルをしっかり身につけたい人
資格の特徴・Linuxに関する基本的な知識や技術を証明する資格
・Linuxサーバーの操作・構築・運用・保守ができるレベルであることを認定する
受験費用税込16,500円

LinuCレベル1は、ITエンジニアが現場でよく用いるLinux(OS)のスキルを証明できるIT資格です。

サーバーの構築や運用・保守、クラウドセキュリティなど、実務的な知識や技能を体系的に学べます

未経験からのIT転職に加え、インフラの監視から構築業務にステップアップしたい場合にも役立つとされています。

3位:基本情報技術者試験

合格率40〜50%程度
おすすめな人・IT技術を軸にして仕事をしたい人
・長期的な視点で努力を続けられる人
資格の特徴・ITエンジニアが共通して理解しておくべき基本的な知識を体系的に学習できる国家試験
・IT関連の業種に従事している人やIT業界で働きたいと考えている人が対象
受験費用税込7,500円

基本情報技術者試験は「ITエンジニアの登竜門」に位置付けられる基礎レベルのIT国家資格です。

主催する独立行政法人のIPAが、ITエンジニアのキャリアに進みたい初心者に受験を推奨しています。

IT戦略の立案からシステムの運用まで、エンジニアの仕事の一連を学習できます

4位:オラクルマスター ブロンズ

合格率公表なし
おすすめな人・ITエンジニアでデータベース管理のスキルをアピールしたい人
・Oracle Databaseに関する基礎知識を身につけたい人
資格の特徴・Oracle Databaseの基本的な操作や概念を理解していることを証明するエントリーレベルの資格
・試験は120分で70問出題され、CBT方式で実施される
受験費用税込37,730円

オラクルマスター ブロンズは、データベース管理の業務で求められる基本スキルを証明できるIT資格です。

昨今普及が進んでいるクラウドコンピューティングにも対応した技術が学べるので、これからの時代に役立つ実務的な資格といえます。

データベース管理者やインフラエンジニアのキャリアを始める第一歩としておすすめです。

5位:ITILファンデーション

合格率50%〜60%程度
おすすめな人・ITサービスマネジメントやITILの基礎知識を理解していることを証明したい人
・情報システム部門で働く新入社員
・ITサービスの品質改善に興味がある人
資格の特徴・ITサービスマネジメントのベストプラクティスをまとめたITILにもとづくエントリーレベルの認定資格
・試験は60分間で、選択問題が40問出題される
受験費用税込35,200円

ITILファンデーションは、ITサービスマネジメントの業務と成功事例(ITIL)に関する知識を問う入門資格です。

ITサービスマネジメントとは、顧客のニーズに合わせた適切なITサービスを提供するための仕事全般(管理や業務改善など)を指します。

将来的にサービス運用のリーダーや管理職として働きたい人、ITサービス業務の全体像を知りたい人などに向いています。

言語を学びたい未経験者におすすめのIT資格5選

以下では、プログラミング言語の学習に関心のある初心者におすすめのIT資格を紹介します。

学びたい言語や進みたいキャリアに関連する資格にぜひ挑戦してみてください

順位資格名特徴
1位Oracle認定Javaプログラマ ブロンズJavaの開発元が提供するベンダー資格
2位Ruby技術者認定試験 シルバーRubyを用いたシステム開発の基礎知識と応用力を認定
3位PHP技術者認定初級試験PHPの基本的な知識やスキルを認定
4位C言語プログラミング能力検定試験C言語の基本知識や開発スキルを証明
5位Pythonエンジニア認定基礎試験Pythonの基本的な知識・スキルを認定

1位:Oracle認定Javaプログラマ ブロンズ

合格率公表なし
おすすめな人・プログラミング未経験者やJavaを学びはじめたばかりの人
・Javaの基本文法やプログラミングの基本的な考え方を理解したい人
資格の特徴・Javaの開発元であるOracle社が提供するベンダー資格
・試験時間は65分で、出題数は60問
・合格ラインは正答率60%
受験費用税込14,630円

Oracle認定Javaプログラマ ブロンズは、業務システムやアプリなどの開発に用いられるJavaに関する入門資格です。

プログラマーとして現場で活躍したい初心者に適しています。

ちなみにJavaプログラマ ブロンズは日本限定ですが、上位のシルバーやゴールドは世界共通のIT資格です。

2位:Ruby技術者認定試験 シルバー

合格率75%程度
おすすめな人・Rubyの基礎を学びたい初心者
・Rubyベースのシステムを設計
・開発・運用するエンジニア
資格の特徴・Rubyの文法知識やオブジェクト、標準ライブラリなど、基本的な技術レベルをもつことを認定する試験
・試験時間は90分で、問題数は50問の選択式
・合格ラインは正答率75%
受験費用税込16,500円

Ruby技術者認定試験 シルバーは、Rubyを用いたシステム開発の基礎知識と応用力を証明するIT資格です。

RubyはX(旧Twitter)やHulu、食べログなどに代表されるWebアプリケーションを開発するのに用いられています

Web業界でエンジニアやコンサルタントとして活躍したい初心者におすすめです。

3位:PHP技術者認定初級試験

合格率70〜80%程度
おすすめな人・これからプログラミングを始める人
・コーディングを学びたいデザイナー
資格の特徴・PHPの基本的な知識やスキルを認定する試験
・試験時間は60分で、問題数は40問の選択式
・合格ラインは70%
受験費用税込13,200円

PHP技術者認定初級試験は、主にWebページの生成に用いられるPHPの専門知識を証明するIT資格です。

PHPはサーバー側で駆動するデータベースと連携できる言語で、ショッピングカートやお問い合わせフォームなどの動的ページを作れます

またWordPressに代表されるWebアプリケーションも開発できるため、スキルを習得しておくとWeb業界での仕事に幅広く役立ちます。

4位:C言語プログラミング能力検定試験

合格率65%程度
おすすめな人・C言語の基本的な仕様や動作を学びたい人
・C言語のスキルを証明したい人
資格の特徴・入門レベルから上級レベルまで、3級から1級に分かれている
・IT業界でも一定の信頼性がある民間資格
受験費用1級:税込7,800円
2級:税込6,400円
3級:税込5,200円

C言語プログラミング能力検定試験は、世界規模でエンジニアに最も多く利用されているC言語のスキルを証明できるIT資格

C言語は汎用性が高いので、一番初めに学習するプログラミング言語に向いています

なお、同検定試験の2・3級は、基本情報技術者の午後試験と出題範囲が似ているため、試験対策として受検するのも良いでしょう。

5位:Pythonエンジニア認定基礎試験

合格率75〜80%程度
おすすめな人・プログラミング未経験者
・Pythonを学びはじめたばかりの人
・Pythonの基礎知識を証明したい人
資格の特徴・試験時間は60分で問題数は40問の選択肢き
・合格ラインは正答率70%
受験費用税込11,000円

Pythonエンジニア認定基礎試験は、AIからアプリ、Webサービスまで、幅広い開発に便利な汎用言語Pythonに関するIT資格です。

Pythonはコードの記述がシンプルで習得しやすいため、プログラミング言語の初心者に向いています。

またPythonは、時代のトレンドであるAI開発および機械学習に用いられる言語なので、将来性の高いIT資格としてもおすすめです。

エンジニアのスペシャリストを目指す人に役立つIT資格3選

ここからは、エンジニアのスペシャリストを目指す人に役立つIT資格を3つ厳選して紹介します。

高度なスキル・知識を身につけたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

順位資格名特徴
1位ネットワークスペシャリスト試験経済産業省が認定する国家資格
2位システムアーキテクト試験システムに関する高度な知識と技術が必要な国家資格
3位データベーススペシャリスト試験データベースに関する深い知識が問われる国家資格

1位:ネットワークスペシャリスト試験

合格率13~15%程度
おすすめな人・ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す人
・IT業界でのキャリアアップを目指す人
資格の特徴・ネットワークに特化した国家資格
・試験は午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱに分かれている
・すべての試験が100点満点中60点以上で合格
受験費用税込7,500円

ネットワークスペシャリスト試験は、経済産業省が認定する国家資格です。

ネットワークスペシャリストは、ネットワーク関連の国家資格の中でもとくに難しく、高度な知識が求められます

合格すればネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアとしての専門性を証明できるため、就職や転職に有利になるでしょう。

過去問題を繰り返し解いて出題傾向を把握し、試験に慣れることが大切です。

2位:システムアーキテクト試験

合格率13〜15%程度
おすすめな人・上級エンジニアを目指す人
・ITシステムの設計者として活躍したい人
資格の特徴・試験は午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱの4部構成
・午前は多肢選択式、午後Ⅰは記述式、午後Ⅱは論述式の問題
・ すべての試験が100点満点中60点以上で同格
受験費用税込7,500円

システムアーキテクト試験は、情報処理技術者試験の中でも高度な知識と技術が必要な国家資格です。

情報システムと組込システム・IoTを利用したシステムの2種類があり、設計や要件定義などの総合的な力が問われます

午後II試験では論文形式の問題も出題されるため、時間配分や論文の書き方を事前に練習することが大切です。

3位:データベーススペシャリスト試験

合格率15〜18%程度
おすすめな人・システムの企画・要件定義・開発・運用・保守に参画するエンジニア
・データベース管理者やインフラエンジニアを目指している人
資格の特徴・情報処理技術者試験の中でも最難関である「レベル4」にランクづけされている
・午前Ⅰ・午前Ⅱが多肢選択式、午後Ⅰが記述式、午後Ⅱが論述式
・各試験100点満点中60点以上で合格
受験費用税込7,500円

データベーススペシャリスト試験は、データベースの設計・開発・管理・運用などに関する深い知識が問われる国家資格です。

合格するためには、データベース技術に関する幅広い知識を習得し、試験の形式や出題範囲に慣れましょう。

マネジメントのスペシャリストを目指す人に役立つIT資格3選

以下では、マネジメントのスペシャリストを目指す人におすすめのIT資格を3つ厳選して紹介します。

システム運営やプロジェクトのマネジメントに関する高度なスキル・知識を身につけたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

順位資格名特徴
1位ITサービスマネージャー試験システム運営の指揮・管理する能力を証明
2位プロジェクトマネージャー試験システム開発プロジェクトの責任者としての知識・スキルを証明
3位ITストラテジスト試験事業戦略の提案から推進までの幅広い知識・スキルを証明

1位:ITサービスマネージャー試験

合格率15%程度
おすすめな人・システム運用管理業務を実施する担当者
・プロジェクトのリーダーやマネージャーに転職したい人
資格の特徴・試験は午前I・午前II・午後I・午後IIの4つ
・午前は多肢選択式、午後は記述・論述式
・午前I・IIと午後Iが100点満点中60点以上、午後IIが評価ランクAで合格
受験費用税込7,500円

ITサービスマネージャ試験は、情報システムの障害発生時の対応や品質管理などを指揮・管理する能力を証明する試験です。

資格を取得することでITサービスマネージャとしての専門性を証明でき、キャリアアップや転職で有利に働きます。

ITサービスマネージャ試験は「ITIL®」や「JIS Q 20000」に関する知識も求められるため、十分に習得することが大切です。

2位:プロジェクトマネージャー試験

合格率13〜15%程度
おすすめな人プロジェクトマネージャーを目指している人
資格の特徴・情報処理技術者試験の中で最高難度の「レベル4」に該当する
・試験は午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱの4部構成
・午前は多肢選択式、午後は記述・論述形式
受験費用税込7,500円

プロジェクトマネージャー試験は、システム開発プロジェクトの責任者としての知識・スキルを証明できる国家資格です。

プロジェクトの計画・実行・監視・終結など、マネジメントに関する幅広い知識が問われます

ITに関する基礎知識はもちろん、プロジェクトマネジメントの勉強もおこないましょう。

3位:ITストラテジスト試験

合格率15%程度
おすすめな人・IT戦略の立案や企業経営に関わる人
・プロジェクトマネジメントやビジネスプロセスの改善などに必要な知識を身につけたい人
資格の特徴・試験は午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱの4部構成
・午前は多肢選択式、午後Ⅰは記述式、午後Ⅱは論述式
受験費用税込7,500円

ITストラテジスト試験は、ITを活用した事業戦略の策定から提案、推進までの幅広い知識・スキルが問われる試験です。

資格を取得することで、ITストラテジストとしての専門性を証明できるため、キャリアアップや転職で有利に立ち回れます。

午後の試験で出題される長文問題は難易度が高いため、適切な時間配分で問題を解く練習をおこないましょう。

未経験者がIT資格を取る際の注意点

未経験者がIT資格の取得を目指す際は、上画像に記載の4点にご注意ください。

以下、それぞれ具体的に説明します。

入門レベルの資格でも十分な対策をすべき

初心者向けIT資格の難易度は低めですが、合格率100%の試験はありません。

例えば、最もやさしい部類といえるITパスポートでさえ合格率は50%前後

各回で半数程度の受験者は不合格になります

そのため、入門レベルだからといって油断せず、十分な試験対策をして臨むのがおすすめです。

進みたいキャリアに合った資格を選ぶべき

IT資格は転職・就職に役立ちますが、対応する職種や分野はそれぞれで異なります

よって、希望する転職先やキャリアパスに合ったIT資格を選ぶべきです。

例えば、インフラエンジニアになりたい初心者には、CCNAやLinuCレベル1などが良いでしょう。

CCNAについては下記記事でも詳しく解説しているので参考にしてください。

面接では資格の取得理由もアピールすべき

面接では資格を持っていることだけでなく、なぜ資格を取ったかの理由も含めてアピールしましょう。

「実務的なスキルを一通り学んで現場にいち早く慣れるため」などと話せば、スキルだけでなく、意欲や誠実さなども示せます。

また「普及が進んでいる技術だから仕事の幅が広がると思った」といえば、業界知識や思慮深さがあると判断されるかもしれません。

資格を取りまくればいいわけではない

ITに関する資格は、たくさん取得すればよいとは限りません。

IT業界では、資格よりも実務経験を重視するためです。

資格を多く持っていても、実務経験がなければ即戦力として活躍できる人材とは見なされにくい傾向があります。

とくに入門レベルの資格は、転職活動でいくらアピールしてもプラス評価を得にくいケースがほとんどです。

難易度の低い資格をたくさん取得することに夢中になるのではなく、あくまで実務経験を優先に考えるとよいでしょう。

未経験者がIT資格を取るための勉強方法

初心者がIT資格の対策を行う際は、下記の勉強方法が有効です。

  • わかりやすい参考書で勉強する
  • 合間には学習サイトで勉強する
  • 動画配信サービスを閲覧する
  • 資格対策に強いITスクールで勉強する

以下を参考に、自分に合った学習の仕方を見つけましょう

わかりやすい参考書で勉強する

オーソドックスなのは、初心者向けの参考書で知識をインプットし、パソコンや問題集などを使ってアウトプットすることです。

参考書で学び、実践することを繰り返すことで、自然に知識やスキルを習得できます。

また知識を覚えるには反復学習が重要なので、参考書は何度も読み返すのがおすすめです。

就寝前に読むことを習慣にすれば、睡眠によって記憶が定着しやすいので効率的だといえます。

合間には学習サイトで勉強する

各IT資格に特化した学習サイトなら、スマホやタブレットさえあればいつでもどこでも勉強できるので便利です。

通勤時間や昼休みなどのスキマ時間を使い、スマホを片手に復習や予習をするのが良いでしょう。

スキマ時間を有効活用すれば、多忙な人でも勉強時間を捻出できるため、無理なく合格が目指せます。

動画配信サービスを閲覧する

IT業界未経験からIT資格を取得するなら、動画配信サービスの利用もおすすめです。

動画配信サービスなら、自分の都合に合わせていつでもどこでも学習を進められます。

また、動画は視覚的な情報を豊富に含んでいるため、テキストや書籍だけでは理解しにくい内容も直感的に理解可能です。

理解が難しい部分は繰り返し視聴できるため、複雑な概念や操作が多いIT分野にうってつけの学習方法といえるでしょう。

さらに、無料で視聴できるサービスやコンテンツも多くあるため、経済的な負担を抑えながら学習を進めたい人にも適しています。

資格対策に強いITスクールで勉強する

短期間で効率よく試験対策をし、高確率で合格に至るには、ITスクールを活用するのが一番おすすめです。

スクールが有する試験対策のノウハウや教材、講師を活用したほうが、初心者が手探りで勉強するよりも無駄なく知識を入れられます

またITスクールでは、IT資格の対策に加えて、転職活動の支援も受けられます。よって、ITエンジニアを目指す初心者には一挙両得の選択でしょう。

ちなみに活学ITスクールは、初心者に特化したエンジニアスクールです。

CCNA合格率92%、転職成功率98.7%の実績を誇ります。

IT知識が全くない状態からでもエンジニアを目指せるので、少しでも興味のある人はぜひ一度無料カウンセリングをご利用ください。

また、本気でエンジニアを目指している人は、転職エージェント「活学キャリア支援」を活用ください。

500以上を超える独自の優良求人から、あなたのスキル・経験に合わせてご紹介可能です。

面接対策や履歴書の添削、自己分析のアドバイスも実施しているため、IT業界の転職に自信がない人や、はじめて転職をする人はぜひご利用ください。

まとめ:IT資格の取得で初心者の域から脱しよう

IT資格を取得すれば、特定の分野に関して体系的な知識・スキルを身につけられます。

そのため、とくに初心者の場合は、IT資格を取ることで日々の業務やキャリアに関する観点、考え方が変わるでしょう

これからより一層ITが利活用されるようになる時代です。

また人手不足のIT業界では、有望な初心者が渇望されています

これを機会にぜひIT資格を取得し、将来をより良いものにしましょう。

目次