セキュリティエンジニアになるには?必要なスキルと資格を紹介

目次

セキュリティエンジニアとは?

セキュリティエンジニアは、エンジニアの中でも特に情報セキュリティに特化したエンジニアです。

これからセキュリティエンジニアを目指す人に向けて、以下の3つの観点で、仕事内容を詳しく紹介します。

  • 情報セキュリティに特化した職業
  • 仕事の重要性が高くやりがいのある職業
  • セキュリティだけでなく幅広いITスキルが求められる職種

情報セキュリティに特化した職業

現代社会において、個人情報や企業の重要情報がオンライン上でやり取りされることが当たり前となっています。

そのため、情報セキュリティの重要性は年々高まっている傾向です。

企業や組織の信頼性を維持し、情報漏えいやサイバー攻撃を未然に防止する役割を果たし、重大な損害から守る責任を負う仕事です。

仕事の重要性が高くやりがいのある職業

最近では、IT業界だけでなく、金融や医療、自動車などのメーカー企業を含む様々な企業や組織において、情報セキュリティを担当するセキュリティエンジニアの役割がますます重要になっています。

情報が漏洩してしまうと、金銭面の損失だけでなく、信用問題に関わってしまいます。

企業や組織の情報を守り社会に貢献することができるため、エンジニアの中でも特にやりがいのある職業の1つと言えます。

セキュリティだけでなく幅広いITスキルが求められる職種

セキュリティに関する知識だけでなく、IT技術全般についても理解している必要があります。

特に、サーバーやネットワーク、OS、IT関連法規に関する知識は、業務を行う上で不可欠なスキルと言えます。

実際の業務では、ITシステムの企画から保守運用まで、情報セキュリティ業務はすべての工程で発生するため、各業務についての知識や経験も必要です。

インフラエンジニアにも関心がある方は、こちらを参考にしてみてください!

活学(IKIGAKU)ITスクールBlog
未経験からインフラエンジニアはきつい?役立つ資格や企業選びのコツを紹介 | 活学(IKIGAKU)ITスクールBl... 「IT業界未経験でもインフラエンジニアになれる?」 「インフラエンジニアがきついといわれる理由を知りたい」 未経験からIT業界への転職を考えていて、このような疑問をお...

未経験でセキュリティエンジニアになるには?

未経験でセキュリティエンジニアになるためはどうすれば良いのでしょうか。

押さえておきたい2つのポイントを紹介します。

システムエンジニアやインフラエンジニアを経験する

まずはシステムエンジニアやインフラエンジニアを経験することも一つの手段です。

システムエンジニアやインフラエンジニアが行うようなプログラミング知識やネットワーク知識は、セキュリティエンジニアの業務でも発揮できるITの基礎となる知識です。

実際に経験することで、プログラミングスキルが得られ、ネットワークやサーバーの構築・運用管理・トラブルシューティングといった経験を積むことができます。

また、業務ではシステムエンジニアやインフラエンジニアとチームとして密接に仕事を進める場面も多いです。

予め自分で経験しておくと、システムエンジニアやインフラエンジニアの立場に立った観点で意見を言うことができ、セキュリティエンジニアとして仕事する上でも役に立ちます。

セキュリティに関する資格を取得する

セキュリティに関する資格を取得することも、セキュリティエンジニアになるために有効です。

例えば、CompTIA Security+や情報処理安全確保支援士といった資格は、セキュリティに関する基礎知識を網羅的に学習することができます。

これらの資格は、セキュリティのプロフェッショナルとして求められるスキルや知識を証明する上でも効果的で、就職活動や転職活動などの採用においても有利になる可能性があります。

どんな資格を取っておくといいのか気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
セキュリティエンジニアになるなら取っておきたい資格7選!難易度や勉強法も紹介 本記事では、セキュリティエンジニアを目指すうえでおすすめの資格を7つ紹介します。 昨今、IT技術は飛躍的に発展していますが、同時に高度化するサイバー攻撃に対する...

セキュリティエンジニアに向いている人の特徴

セキュリティエンジニアに向いている人の特徴としては、以下の3つがあります。

  • ロジカルシンキングが得意な人
  • 周囲の環境を常に意識し、セキュリティリスクを見逃さない人
  • 新しい技術や脅威に関心を持っている人

ロジカルシンキングが得意な人

複雑なシステムやアプリケーションのセキュリティを維持するためには、論理的な思考が必要になってきます。

そのため、ロジカルシンキングが得意な人にとって向いている職業です。

セキュリティ問題を追跡し、どこに原因があるかを分析して解決策を見つけるためには、システムの仕組みを論理的に理解し思考することが大切です。

周囲の環境を常に意識し、セキュリティリスクを見逃さない人

セキュリティエンジニアに向いている人の特徴として、常に周囲の環境を意識する人も挙げられます。

日常に潜むセキュリティリスクを見逃さないことで、セキュリティインシデントを未然に防ぐことができます。

周囲の環境にも常にアンテナを張っておく必要がありますので、このような意識を持つことが苦ではない人にとっては適した職業になっています。

新しい技術や脅威に関心を持っている人

セキュリティ業界では、常に新しい技術や攻撃手法などの脅威が登場しており、常に最新の情報と知識を身につけておく必要があります。

そのためには、情報収集能力が求められます。

セキュリティだけでなくIT全般における最新技術についても常に関心を持ち続ける必要があるので、新しい技術や脅威に関心を持っている人にとっては向いている職業になります。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください!

あわせて読みたい
セキュリティエンジニアに向いている人とは?スキルやキャリアも紹介 【セキュリティエンジニアとは?】 セキュリティエンジニアは、エンジニアの中でも特に情報セキュリティに特化したエンジニアです。 以下の3つの観点で、セキュリティエ...

セキュリティエンジニアの需要と将来性

セキュリティエンジニアの需要と将来性について解説していきます。

情報セキュリティの重要性が年々高まっている

現代社会では、個人情報や企業の重要情報がオンライン上でやり取りされることが当たり前になっています。

そのため、情報セキュリティの重要性が年々高まってきています。

情報漏えいやサイバー攻撃が発生すると、企業や組織の信頼性が低下し、重大な損害を被る可能性があります。

そのため、企業や組織の情報セキュリティを担当するセキュリティエンジニアの存在はますます重要になっています。

人手不足なので需要が高い

さまざまな業界において、セキュリティエンジニアの需要は非常に高い傾向にあります。

一方で、セキュリティエンジニアの人数はエンジニア全体と比較しても少ない傾向にあり、人手不足が深刻化しています。

情報漏えいやサイバー攻撃などのセキュリティ問題が発生するたびに、企業や組織は採用を急いでいます。

そのため、今後も非常に需要が高く、求人数も増加傾向にあります。

IT業界の様々な分野で活躍できる

現在、セキュリティエンジニアの需要はIT業界に限らず、金融や医療、自動車などの様々な分野においても高まっています。

また、IoTやAI、ブロックチェーン、メタバースなどの新しい技術が次々と登場しており、それらの新しい技術をセキュアに運用するためのニーズも高まっています。

そのため、セキュリティエンジニアの仕事は今後もさらに広がりを見せると予想されています。

こちらの記事もよく読まれていますので、合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
セキュリティエンジニアはやめとけ?その理由や需要と将来性を解説! 【セキュリティエンジニアはやめとけと言われる4つの理由】 セキュリティエンジニアは「やめとけ」と言われる主な理由は以下の4つです。それぞれについて詳しく解説しま...

セキュリティエンジニアの年収

セキュリティエンジニアは、セキュリティだけでなくIT全般に関する高度な知識が求められます。

そのため、30代のセキュリティエンジニアの平均年収は600万円前後であり、一般的なシステムエンジニアよりも高い傾向にあります。 求人ボックス調べ)

身につけたスキルによって年収に差はありますが、着実に経験を積むことで年収が大きくアップする傾向です。

また、難易度の高い資格を持っていると就職活動や転職活動で有利に働き、より高い年収が期待できます。

年収が高い理由については、以下記事からご参考ください。

あわせて読みたい
セキュリティエンジニアの年収が高い理由は?将来性と仕事内容を紹介 【セキュリティエンジニアはどんな仕事?】 セキュリティエンジニアは、企業や組織の情報システムやデータのセキュリティを守る仕事で、情報漏洩やサイバー攻撃から企業...

セキュリティエンジニアに必要なスキル

セキュリティエンジニアとして仕事をする上で、特に必要になる4つのスキルについて紹介します。

  • セキュリティの知識
  • ネットワークの知識
  • コミュニケーション能力
  • 法律や経営に関する知識

セキュリティの知識

セキュリティに特化した業務を行うので、一般的なエンジニアよりもセキュリティに関する深い知識を持つ必要があります。

業務では、ネットワーク機器やアプリケーションを扱うので、ハードウェアとソフトウェアの両方に関するセキュリティ知識が求められます。

ネットワークの知識

外部からのサイバー攻撃はネットワークを介するものが多いので、ネットワークについての深い知識を身につける必要もあります。

ネットワークについて深く理解しておくことで、脆弱性を見つけやすく、セキュリティインシデントを未然に防ぐことが期待できます。

コミュニケーション能力

仕事を進める上では、社内のチームメンバーや上司、他部門の社員、社外のクライアントなどと定期的にコミュニケーションを取る必要があります。

そのため、対人のコミュニケーションスキルが求められます。

セキュリティ対策を進める上では、クライアントや他のエンジニアと認識のズレがないよう情報連携することが大切です。

また、セキュリティに関する複雑な内容を、セキュリティに詳しくない人にもわかりやすく説明する能力も必要になります。

法律や経営に関する知識

セキュリティに関する仕事をする上では、セキュリティに関する法律についての知識についても知っておく必要があります。

法律に則ったセキュリティ対策が必要になるので、万が一情報漏えいや違法アクセスなどの事件が発生した場合には法的な対応が求められることがあります。

また、企業の機密データを安全に保護するために重要な役割を担っており、扱う機密データについては経営陣と同じレベルの理解力が必要です。

セキュリティエンジニアなら持っておきたい4つの資格

セキュリティエンジニアになる上で持っておきたい4つの資格を紹介します。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験は、独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)が実施している、情報セキュリティマネジメントに関する知識や技能を持った人材を認定するための試験です。

この試験は、情報セキュリティに関する法律や規制、リスクマネジメントなど、セキュリティエンジニアに必要な幅広い知識を網羅しています。

資格の難易度は初心者レベルであり、セキュリティエンジニアを目指す人にとっては、まず初めに取得することをお勧めします。

情報セキュリティマネジメント試験の合格は、自分自身のスキルを証明する一つの手段であり、仕事に必要な知識やスキルを身につける上で重要な一歩となります。

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)が実施している国家資格であり、日本で最も有名な情報セキュリティに関する資格の一つです。

資格取得の難易度は高く、合格するにはある程度の期間学習する必要があります。

情報処理安全確保支援士の資格学習を通じて、業務を行う上で必要な知識を一通り身につけることができます。

Cisco Security認定

Cisco Security認定は、ネットワーク機器を提供しているシスコシステムズが実施しているベンダーの資格になります。

この資格は、情報セキュリティに関する知識や技能を身につけることができ、特にネットワークセキュリティのスペシャリストを認定する資格として有名です。

この資格には複数のレベルがあり、初心者向けのCCNA Securityから上級者向けのCCIE Securityまであります。

また、セキュリティ技術に特化したCCNP Securityや、セキュリティプロフェッショナルに必要な技能を認定するCCNA CyberOpsなどもあります。

Cisco Security認定を取得することで、Cisco製品を使用したネットワークセキュリティの構築や運用に必要な知識や技能を身につけることができます。

さらに、Cisco製品を導入している企業や組織では、この資格を持つエンジニアの需要が高いため、就職や転職にも有利です。

CompTIA Security+

「CompTIA Security+」は、ネットワークやコンピュータのセキュリティに関する知識を証明できる国際的な資格です。

この資格は、コンピュータのセキュリティに興味がある初心者から経験豊富なセキュリティエンジニアまで、幅広い層の人々に向けて作られています。

CompTIA Security+の資格取得には、広範なセキュリティに関する知識が必要です。

資格取得のプロセスでは、ネットワークセキュリティ、コンピュータの脆弱性、ハッキング技術、暗号化技術、認証技術など、幅広いセキュリティに関する知識を習得することができます。

CompTIA Security+は、日本だけでなく、世界中で広く認知されている資格であり、グローバルなセキュリティエンジニアとして活躍するために必要な資格です。

ほかのIT資格も知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

あわせて読みたい
IT資格ランキングを初級・上級別にご紹介!【メリットや注意点も】 転職および自身の将来のため、IT資格の取得を検討している方は増えています。 しかしその種類は多岐にわたるため、「どんな資格を選んだらいいのかわからない」という方...

まとめ

本記事では、セキュリティエンジニアに必要なスキルや取得しておきたい資格について解説してきました。

セキュリティエンジニアとして活躍するためには、IT全般に関する知識とセキュリティに関する専門的な知識が必要になります。

また、セキュリティに関する資格を取得することは、自分のスキルを外部に公開する手段として適しており、就職活動や転職活動でも有利に働く機会が多いです。

未経験でもしっかりとしたスキルを身につけることで、セキュリティエンジニアになることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

目次