未経験からサーバーエンジニアになるのは可能?向いている人の特徴や必要スキル・年収も解説!

重要なITインフラ「サーバー」を支える、サーバーエンジニア。

そのサーバーエンジニアの求人は、ほとんどが「実務経験必須」のため、諦めてしまう未経験者も多いのではないでしょうか。

そのような方に向け、今回の記事では未経験からサーバーエンジニアを目指す方法を紹介します。

ITインフラの仕事についてくわしく知りたい方は、以下の記事から、インフラエンジニアについてチェックしてみてください!

あわせて読みたい
インフラエンジニアの仕事とは? インフラエンジニアの特長や将来性についてわかりやすく紹介! インフラエンジニアは、業務効率化や生産性向上を目的にインフラの設計・構築・運用・保守を担います。 仕事は多岐にわたるので、インフラエンジニアの仕事内容を理解し...
活学(IKIGAKU)ITスクールBlog
未経験からインフラエンジニアはきつい?役立つ資格や企業選びのコツを紹介 | 活学(IKIGAKU)ITスクールBl... 「IT業界未経験でもインフラエンジニアになれる?」 「インフラエンジニアがきついといわれる理由を知りたい」 未経験からIT業界への転職を考えていて、このような疑問をお...
本記事を読んでわかること
  • サーバーエンジニアは需要・将来性ともに高い。
  • サーバーエンジニアの年収の平均は、約465万円。
  • 設計から保守をはじめ、クラウドやセキュリティ知識も問われる。
  • 新しいものが好きで、デスクワークが苦じゃない人に向いている。
  • 未経験からでもサーバーエンジニアになるのは可能。
  • 転職には専門学校やスクール、資格が効果的。
目次

サーバーエンジニアが主に担当する仕事内容

サーバーエンジニアが行う仕事の内容は、主に以下のとおりです。

  • システムに最適なサーバーの選定
  • サーバーの設計・構築
  • 設計後の管理・運用・保守
  • 不具合・エラー対応
  • セキュリティ対策
  • アップデート・バックアップなど

サーバーエンジニアという名のとおり、主にサーバー業務が中心です。

サーバーを正常に使える状態にし、構築後は運用・保守、また突然エラーが発生した際は早急な対応をしなければなりません。

また企業によっては、設置や配線作業に携わることもあります。

サーバーエンジニアがどんな職種なのか、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事からチェックしてみてください!

あわせて読みたい
サーバーサイドエンジニアはどんな職種?年収や必須の能力を詳しく解説! 今回の記事は、 「サーバーサイドエンジニアって、具体的にどんな仕事をするの?」 「未経験から目指すならどうしたらいい?」 といったことでお悩みの方へ向けた記事に...

サーバーエンジニアの需要と将来性

サーバーエンジニアは今後の需要も高まるため、将来性のある職業と考えていいでしょう。

経済産業省が発表した、以下のグラフをご覧ください。

引用:IT人材需要に関する調査|経済産業省

水色の帯の部分がIT人材、赤や黄色の線がIT需要です。

IT需要の拡大に対し、IT人材の供給が追いつかなくなることが懸念されています。

ひとえにIT人材といっても、大半を占めるのは開発エンジニア。サーバーエンジニアなどのインフラ人材は、まだまだ数が少ないのが現状です。

そのため今後も「希少性」の観点から、サーバーエンジニアの将来性はあるといえるでしょう。

サーバーエンジニアの平均年収

人材大手企業「マイナビエージェント」によるランキングによれば、サーバーエンジニアの平均年収は約465万円前後です。

参考:マイナビエージェント 年収ランキング

高い専門性、責任感を伴う仕事でもあることから、人気の「システムエンジニア・プログラマー」と比較しても高い傾向にあります。

サーバーエンジニアの年収について詳しく知りたい方は、こちらからご覧いただけますのでご参考ください!

あわせて読みたい
サーバーエンジニアの年収はどれくらい?年収事情や収入を上げる方法を徹底解説! ITインフラを支える重要な職種・サーバーエンジニア。 その安定性や高収入が噂されることから、サーバーエンジニアへの就職・転職を考えている人も多いのではないでしょ...

サーバーエンジニアに必要な知識・能力

この章では主に、サーバーエンジニアに求められるスキルをご紹介していきます。

サーバー設計・運用・保守のスキル

ゼロの状態から、サーバーを正常に使用できるまでの一連の作業を指します。

この一連の作業では、あらゆる問題がつきまとうもの。たとえば以下が挙げられます。

  • インストール時、環境の問題でインストールに失敗する
  • セキュリティ対策を施すとエラーが生じて先に進まない
  • 正常に動いたため運用したら、途端にエラーが頻発する

そのため、「スムーズな設計・正常な運用」を実現するスキルは必須です。

クラウドサービスを扱えるスキル

近年ではさまざまな企業が、クラウドサーバーへの移行を検討しています。

クラウドサーバーとは、主に「サブスク型のサーバー」と考えて差し支えありません。従来の物理サーバー機器が不要のため、設置・配線・管理の手間が省ける点がメリットです。

さらにクラウドサーバーは設定やカスタマイズも自由に行なえるため、そのスキルがあれば重宝するでしょう。

セキュリティを扱えるスキル

セキュリティに関するスキルも必須となります。近年ではとくに「大企業のサーバーが攻撃を受けた」などの事例が増えているためです。

そのためサーバーエンジニアは、サーバー設計や構築の際セキュリティ対策を考慮しなければなりません。サーバーをインストールするOSや環境、またクラウドサービスによっても、施す対策は変わってきます。

さまざまな状況でのセキュリティ対策を勉強し、あらゆる状況に柔軟に対応できるスキルが求められるでしょう。

サーバーエンジニアに向いている人の特徴

この章では、サーバーエンジニアが適している人の特徴を見ていきます。

コンピューターや機械が相手の仕事が好きな人

機械相手の仕事に苦痛を感じないなら、サーバーエンジニアに適しているでしょう。

サーバーエンジニアは、常に機械を触っている仕事といっても過言ではありません。たとえばサーバーの設計から保守までの一連の流れは、すべてPCで行います。

もちろん従業員やクライアントと話すことはありますが、会話は他の職種に比べて圧倒的に少ない傾向です。

人間とのコミュニケーションを好む方は、すこし大変に感じるかもしれません。

現状維持より新しいもの好きで好奇心のある人

新しいものに抵抗なく着手できたり、好奇心旺盛な方は、サーバーエンジニアに向いています。

サーバー技術は日に日に進化しているため、知識のアップデートが必須だからです。

とくにクラウド型サーバーは、運営がGoogleやAmazonなどのIT大手企業がほとんど。カスタマイズ系の技術やアップデートを頻繁に発表するため、都度順応しなければなりません。

新技術および変化を好む方は、サーバーエンジニアに適しているでしょう。

デスクワークに抵抗がない人 

デスクワークへの抵抗も、サーバーエンジニアに重要な要素となります。

サーバーエンジニアは、座っている時間が長いためです。座り仕事にとくに抵抗がない方のほうが、サーバーエンジニア向きといえます。

定期的に身体を動かしたり、外出が好きなタイプの方の場合、苦痛を感じる可能性は高いでしょう。

未経験者でもサーバーエンジニアになれる?

実務未経験でも、サーバーエンジニアになることは可能です。

とくに年齢が若いほど有利になります。IT業界は若い層が重宝される傾向で、ポテンシャル採用の可能性が高まるためです。しかし30代半ばを過ぎると、ポテンシャルよりも技術と実績が求められるので、ハードルが上がります。

とはいえ可能性はゼロではありません。たとえ実務経験がなくても、アピール材料は以下のように多岐にわたるからです。

  • これまでの学習の成果
  • 学校やスクールなどの卒業歴
  • 自作のポートフォリオ
  • 資格

実務経験を補うだけのアピールは大変ですが、正しい努力を継続することで、未経験からの転職も十分に可能になります。

未経験からサーバーエンジニアになるのが可能か、こちらでもさらに詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。

あわせて読みたい
未経験からサーバーエンジニアになるのは可能?向いている人の特徴や必要スキル・年収も解説! 重要なITインフラ「サーバー」を支える、サーバーエンジニア。 そのサーバーエンジニアの求人は、ほとんどが「実務経験必須」のため、諦めてしまう未経験者も多いのでは...

未経験からサーバーエンジニアを目指すための学習方法

未経験でサーバーエンジニアになるために、最適な学習方法をご紹介します。

専門学校に通う

ITに関する専門学校に通う方法です。

専門学校のメリットとして、主に以下が挙げられます。

  • 高度な知識をじっくり学習できる
  • 同じ志をもった生徒同士の交流し、切磋琢磨できる
  • 不明点を講師に質問できる
  • 学校側で、企業への就職を斡旋してくれる

恵まれた環境で知識を養える点が魅力です。卒業することで学歴となり、知識・実力・やる気をアピールできるでしょう。

プログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールも、サーバーエンジニア転職におすすめの方法です。

専門学校よりも実践的な内容を、短期間で習得できる点がメリットとして挙げられます。

プログラミングスクールも、

  • 通学型の場合、生徒と交流できる
  • 講師にいつでも質問できる
  • 履歴書・ポートフォリオ作成支援

など環境面で恵まれているため、転職成功率アップが期待できるでしょう。

スクールを検討している方は、「活学ITスクール」がおすすめです。

活学ITスクールは、現場さながらの技術がふんだんに盛り込まれ、より実践的な学習が可能です。

プログラミングスクール選びに迷っている方は、ぜひITスクール「活学ITスクール」を検討してみてはいかがでしょうか。

以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
東京のプログラミングスクール8校を厳選|受講までの手順を徹底解説 プログラミング学習は独学でも可能ですが、スクールを受講するメリットは多く利用すればITエンジニアへの道は早まります。 プログラミングに興味があっても「ITエンジニ...
あわせて読みたい
社会人におすすめのプログラミングスクール10選!選び方のポイントから注意点まで解説 「社会人からプログラミングを学習する意味ってあるの?」 「社会人にはどのようなプログラミングスクールがおすすめ?」 このような悩みのある方のために、本記事では...

書籍やネット教材で独学する

情報が多いこの時代、サーバーエンジニアの基礎の部分はおおよそ無料で得ることも可能です。「足りない部分のみ書籍で補う」という勉強法を実践している人も少なくありません。

お金をかけず、自分のペースでスキマ時間などを活かして学べる点がメリットです。

しかし学習内容にバラつきが生まれてしまったり、挫折率が高まってしまうデメリットもあります。

資格を取得する

IT関連の資格の取得に向け、学習する方法です。

資格があれば実務未経験でも、一定の知識とスキルをアピールできます。また正解のないポートフォリオと比べて、未経験者でも着手しやすいこともメリットです。

資格によってサーバーエンジニアへの転職成功率を大きく高めることにもつながるでしょう。

未経験からサーバーエンジニア転職で有利になる資格

この章では、サーバーエンジニアへの転職の際、未経験者がもっていると有利な資格について見ていきます。

OS(オペレーティングシステム)系の資格

サーバーエンジニアは、OS関連の知識が必要になります。そのため、OS系の資格は面接において強力なアピール材料となるでしょう。

おすすめのOS系の資格は、以下が挙げられます。

  • MCP(マイクロ・ソフト認定資格)
  • Linux技術者認定資格 LinuC

マイクロソフトは国内はもちろん、世界で圧倒的なシェアを誇るOSです。取得によって、その実力やスキルをグローバルに証明できるでしょう。

またLinuxも需要の高いOSなので、「Linux技術者認定資格 LinuC」もおすすめです。3つのランクに分かれているので、自分のレベルに合わせて挑戦することをおすすめします。

ネットワーク系の資格

サーバーエンジニアとしてネットワーク関連の知見もあると、転職で有利になります。

構築から運用までの一連の流れの中で、ネットワークの知識が必要になる場面は多いためです。

なお、ネットワーク系のおすすめ資格としては、以下が挙げられます。

  • CCNA
  • CCNP

どちらもネットワーク機器の大手企業「シスコシステムズ」が提供する資格です。とくにCCNAは、ネットワークをはじめとするインフラ系の登竜門として知られます。

ITスクール「活学ITスクール」では、こちらのCCNAを短期間で取得できます。合格率も92%と高いため、これからCCNAを取得したい方にはぜひおすすめです。

クラウドサービス系の資格

現代では、サーバーをオンプレミス型からクラウド型に移行する企業が増えています。

その背景もあり、これからサーバーエンジニアを目指すならクラウドサービス系の資格の保有が好ましいでしょう。その資格があることで、今後の主流とされるクラウドサーバーの深い知識や、実践的なスキルが証明できるためです。

クラウドサービス関連の資格としては、主に以下が挙げられます。

  • Azure認定資格
  • Google Cloud認定資格
  • AWS認定

いずれもIT大手が運営する資格です。グローバルな実力を証明できることや、将来性の観点から、大きなメリットが得られることは間違いありません

ほかにもおすすめの資格がありますので、こちらからご確認ください。

あわせて読みたい
サーバーエンジニアは資格をとるべき?おすすめ資格や必要な能力を解説! サーバーエンジニアになるために、資格の取得を検討している方も多いでしょう。 ところが「サーバーエンジニアに資格は不要」の意見もあることから、未経験者の方は不安...

未経験のエンジニア案件が豊富な転職サイト・エージェント

この章では、未経験でも挑戦できる案件が多い転職サイト、およびエージェントを3つご紹介します。

リクルートエージェント

人材大手「リクルート」が運営する転職エージェントです。

その業界規模も相まってか、なんといっても圧倒的な求人数が最大の特徴として挙げられます。他の「IT特化」を謳う転職エージェントよりも、エンジニア案件や求人が多い傾向にある点がポイントです。

未経験のエンジニア求人で検索しても、公開求人数だけで2万件以上がヒットします。未経験からサーバーエンジニアへの転職を目指すなら、まずは登録して損のないエージェントです。

ワークポート

ワークポートはエンジニアをはじめとする、IT業界に強い転職エージェントです。

エンジニア関連の案件が豊富で、さらに細かな職種から選択できるため、未経験でもサーバーエンジニアとして活躍できるチャンスが得られるでしょう。

またワークポートは、一人ひとりに専属のキャリアアドバイザーがつき、転職を徹底サポートしてくれます。このアドバイザーの質の高さについても、ポジティブな評判が目立ちます。

マイナビ IT AGENT

こちらは人材大手マイナビが提供するエージェントで、「ITに特化したマイナビAGENT」という位置づけとなっています。

マイナビは20・30代の転職に注力しており、若い年齢層から絶大な信頼を得ている点が特徴です。

求人数もさることながら徹底的なサポート体制も魅力なので、ぜひ登録したいエージェントです。

まとめ:正しい努力で未経験からサーバーエンジニアを目指そう!

実務未経験でも、サーバーエンジニアとして転職することは可能です。とはいえ的外れな努力を継続しても、サーバーエンジニアになることはできません

サーバーエンジニアを目指す際は、

  • サーバーエンジニアとして何が求められているか
  • これから先どんな技術が重宝しそうか
  • 未経験の自分なりに、企業に売り込める付加価値はないか

といった点に着目し、それに応じた努力が大切になります。

「求められていること」と「自分だけの強み」を掛け合わせ、大きく活躍するサーバーエンジニアを目指しましょう。

目次