プログラマーが年収1,000万円を目指すには?具体的方法や注意点を徹底解説

IT業界のなかでも「プログラマー」は人気の職種で、その年収については多くの人が気にするポイントです。

その中には「プログラマーで年収1,000万円を稼ぐのは可能か」という疑問を持つ方もいるでしょう。

結論を述べると、年収1,000万円を稼ぐプログラマーは存在しています。

本記事では、プログラマーで年収1,000万円を目指す具体的方法や注意点について解説します。

ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
未経験からプログラマーとして活躍できる!稼げる人材になるためのコツも解説 未経験からプログラマーを目指すのはハードルが高そうと考える人は多いでしょう。 結論からいうと、プログラマーは未経験からでも十分に活躍できる職種です。 本記事で...
目次

プログラマーの平均年収


まずはじめに、プログラマーの平均年収はどれくらいでしょうか。

「求人ボックス 給料ナビ」によると、正社員として働くプログラマーの平均年収は、433万円です。

また、派遣社員のプログラマーは平均時給が2,240円で、パート・アルバイトのプログラマーは平均時給が1,102円となっています。

国税庁の調査によると国内全体の平均年収は443万円なので、プログラマーの平均年収は決して高い方ではありません。

一方、フリーランスとして働くプログラマーの年収については個人差が大きく、年収100万円を切る人もいれば、年収1,000万円以上を稼ぐ人もいます。

出典:求人ボックス 給料ナビ

出典:令和3年分 民間給与実態統計調査

年収1,000万円稼ぐプログラマーの特徴

では、プログラマーの年収を決める要因から、年収1,000万円を稼ぐプログラマーの特徴をみていきます。

年齢・性別

はじめに、年齢と性別です。

一般的に企業では年齢が高くなるにつれて年収が上がり、それはプログラマーも同様です。

また、男女別でプログラマーの年収を比較した場合、男性の方が高年収である傾向があります。

女性の年収が男性に比べて低いのは、産休や育休の取得が大きな背景でしょう。

企業規模

企業規模も年収を決める要因です。

なるべく規模の大きい企業で働くことで、高年収を狙いやすくなります。

IT業界の小規模な企業は下請けのポジションになることが多く、社員の年収も低い傾向にあります。

雇用形態

雇用形態も年収に大きく関係しています。

派遣社員やパートアルバイトは正社員に比べて年収が低くなります。

高年収を狙う場合は、正社員になるのが必須条件でしょう。

役職

役職に就くことでも年収アップにつながります。

例えば以下のような役職があります。

  • プロジェクトリーダー:プロジェクトメンバーを先導しながら最大限の成果を出すサポーター
  • プロジェクトマネージャー:プロジェクト全体を統括管理する最高責任者
  • プログラムマネージャー:プログラム(複数のプロジェクト)全体をまとめて管理する役職
  • CTO(最高技術責任者):技術開発の企画立案・方向性決定などを行う、技術面での最高責任者

役職に就けば責任も重くなりますが、着実に年収アップを狙う方法として有効です。

地域

地域によってもプログラマーの年収に差があります。

都心部の企業は、地方の企業よりも年収が高い傾向にあります。

高年収を狙う場合は、都心部のIT企業でプログラマーを目指すのも良いでしょう。

昨今は、多くの企業が在宅ワークを取り入れています。

そのため実績を提示できれば、地方在住者でも都心部の企業に採用してもらうことは可能です。

あわせて読みたい
プログラマーに向いている人の特徴や性格を徹底解説!文系出身者でもなれる? プログラマーに向いているか適性を知りたい 文系出身でもプログラマーとして活躍できるのか プログラマーを目指す人にとって、自分に適性があるかどうかは気になるとこ...

年収1,000万のプログラマ―が働く企業とは

年収1,000万のプログラマ―が働いているのは、どのような企業でしょうか。

以下、具体的に紹介します。

自社サービスを持つ企業

まずは、自社サービスを持つ企業です。

自社サービスとは、例えば独自のSNSサービスやECサイトなどです。

自社サービスを持つ企業では社員のスキルがサービスの売上に直結するため、優秀なプログラマーには高い報酬が提示されます。

大規模な取引先を抱えている企業

次に、大企業や官公庁などの大規模な取引先を抱えている企業です。

大規模な取引先から受注する案件は売上額も大きいため、プログラマーの給料も高くなります。

上流工程を担当する元請け企業

上流工程を担当する元請け企業も、該当します。

IT業界では、元請け企業が上流工程(クライアントからのヒアリングや設計書作成など)を担当し、下請け企業が下流工程(プログラミングやテスト、単純作業など)を行います。

下請け企業がさばききれない仕事は、さらに下位の「孫請け企業」に依頼することも少なくありません。

このような階層構造となっているIT業界は「ピラミッド構造」と呼ばれています。

元請け企業の社員はシステム開発のなかでも非常に重要な過程を担当するため、給料も高い傾向があります。

そのため、下請け企業でプログラマーとして働いた後、元請け企業への転職を視野に入れるのも一つの選択肢です。

自社ソフトでシェアを確保している企業

最後に、自社ソフトでシェアを確保している企業です。

特定の業界で自社ソフトがシェアを確保できれば、売上が安定しプログラマーの給料も高くなります。

例えば金融業界向けのソフトを開発している場合、多数の金融機関に自社ソフトを導入してもらうことが該当します。

ソフトは導入後、大きな問題がない限り継続的に利用してもらえる傾向があります。

そのため一度シェアを獲得すれば、その後も安定して利益を確保しやすいです。

年収1,000万円のプログラマーを目指す具体的方法9選


ではここで、「年収1,000万円のプログラマーを目指す方法」を9選紹介します。

実績を積む

まずは実績を積むことです。

地道な方法ですが、実績を積みスキルアップすることが年収アップに結びつきます。

例えば、プロジェクトの成功に大きく貢献した場合は、その後も好条件の仕事が回ってきやすいでしょう。

義務感で仕事に向き合うのではなく「実績を積んで年収アップを狙う」と考えれば、自ずと実績につながるような仕事ができます。

需要の高い言語を習得する

需要の高い言語を身に着けるのも有効です。

プログラミング言語には多くの種類が存在しますが、需要の高い言語を優先的に習得するのが良いでしょう。

需要が高い言語を使う開発は案件数も多いので、仕事を獲得しやすくなります。

さらに、案件の単価も高い傾向があるので効率的に収入を得られます。

日経XTECHの「プログラミング言語人気ランキング」によると、昨今需要が高い言語の例としては「C言語」「C₊₊」「Python」「JavaScript」などです。

高年収を目指す場合は、直近の需要が高い言語を習得するのが得策です。

また、需要の高い言語はトレンドにより変わっていくので、都度調べましょう。

未経験からプログラミングを学ぶ方は、資格・検定の窓口も参考にしてみてください。

出典:日経XTECH

あわせて読みたい
プログラマーになるには?必要なスキルとキャリアパスを徹底解説 プログラマーになるにはどんなスキルが必要なの? プログラマーからはどんなキャリアパスが目指せるの? 未経験からプログラマーを目指している方の中には、このような...

コミュニケーション能力を高める

コミュニケーション能力を高めることも大切です。

プログラマーと言えば、一人でコ―ドを書き続けるイメージが強いでしょう。

しかし、プログラマーもプロジェクトの一員であるため、周りの人とのコミュニケーション能力も試されています。

悩みがあるときは一人で抱えず周りと共有しましょう。

また、仕事の話題だけでなく雑談をしてコミュニケーションを取りやすい環境をつくるのもプラスに働きます。

コミュニケーション能力が高ければ人間性を認められ、自ずと好条件の仕事が回ってくるでしょう。

もちろんコミュニケーション能力の高さのみで年収1,000万円を稼ぐことは難しいですが、大切な要素であることは意識してください。

人脈を広げておく

将来的に転職や独立を考えている場合、人脈は大いに役立つでしょう。

場合によっては人脈を使って転職できるチャンスも出てきます。

また、独立してフリーランスになった場合も、人脈を利用して案件を獲得できる可能性が広がります。

企業は実務経験を積むだけでなく、人脈をつくる場でもあるのです。

上流工程に携わる

上流工程に携わることでも、年収1,000万円を目指せます。

上流工程では、要件定義(システム開発で実装する範囲や内容を詳しく定義する作業)を行いますが、基本的にプログラマーの上位職種であるシステムエンジニアが担当します。

プログラマーはシステムエンジニアが作成した設計書をもとにコーディング(プログラミング言語でコ―ドを書くこと)をします。

基本的に、部分的に開発に携わるプログラマーよりも、プロジェクト全体に関わるシステムエンジニアの方が高年収になります。

最初はプログラマーとして働く場合も、後々システムエンジニアを目指して高年収を狙うのも良いでしょう。

マネージャーを目指す

マネージャーを目指すのも方法です。

先述したように、役職の例として「プログラムマネージャー」「プロジェクトマネージャー」が挙げられます。

マネージャーは、統括責任者としての役割を持つため、やはり年収も高くなります。

企業で年収1,000万円を目指すなら、マネージャーの役職を目指しましょう。

高単価のフリーランスになる

高単価のフリーランスになることでも、年収1,000万円を目指せます。

実際に、高単価案件を継続的に受注して年収1,000万円以上を稼いでいる人もいます。

将来的に高単価のフリーランスになるのを目標にし、まずは企業で人脈形成やスキルアップに努めるのも選択肢でしょう。

オリジナルサービスを提供する

オリジナルサービスを提供するのも一つの手段です。

需要あるサービスを提供できれば不労所得を得られる可能性ができ、年収1,000万円も夢ではありません。

また、設計から販売まですべての工程を経験することで、プログラミングスキルだけでなく営業力やサービスの運用技術も身に着けられます。

最初からヒットするサービスをつくるのは難しくても、挑戦する価値は十分あるでしょう。

副業をする

副業を視野に入れるのも選択肢です。

現在は、副業を許可する企業が急増しています。

会社から支給される給料や賞与に加えて副業の収入を得られれば、合計で年収1,000万円を稼げる可能性は十分あります。

もちろん、会社の仕事と副業を両立させるのは簡単ではありません。

そのため、まずは会社の仕事に支障が出ない範囲で副業を始めてみましょう。

慣れてきたら案件数を増やしていくのも良いでしょう。

副業をするなかで案件獲得のスキルを高められれば、将来的にフリーランスとして独立できる可能性も出てきます。

プログラマーで年収アップを目指すときの注意点

プログラマーで年収アップを目指す際は、注意点もあります。

アルバイトや派遣社員はキャリアアップが難しい

アルバイトや派遣社員の場合はキャリアアップが難しく、なかなか年収アップも望めません。

もちろん実務経験は積めますが、実際に任される仕事はシステムの開発の一部や単純作業です。

プロジェクトの一部にしか携われないポジションのままでは、キャリア・年収ともに上げられません。

プロジェクトの根幹に関わる重大な仕事は、主に正社員が担当しています。

年収アップを目指すのであれば、早めに正社員へ転身してキャリアを積むことを考えましょう。

あわせて読みたい
未経験からプログラマーとして活躍できる!稼げる人材になるためのコツも解説 未経験からプログラマーを目指すのはハードルが高そうと考える人は多いでしょう。 結論からいうと、プログラマーは未経験からでも十分に活躍できる職種です。 本記事で...

すぐにフリーランスを目指さない

また、すぐにフリーランスを目指さないようにしましょう。

フリーランスのプログラマーとして働くのは、決して容易ではありません。

なぜなら、仕事の獲得から納品まですべて自分で完結させる必要があるからです。

そもそも実績がない状態で案件を探しても、受注に至ることはないでしょう。

クライアント側は「実務経験が豊富なフリーランスに依頼したい」と考えています。

実際に現在フリーランスとして活躍しているプログラマーは、会社員時代にスキルを高めてから独立した人がほとんどです。

そのため、フリーランスを目標にするのは良いですが、まずは企業でスキルを磨いてから独立するプランを検討してください。

転職先について入念にリサーチする

転職先について入念にリサーチすることも重要です。

転職を機に年収アップを狙うのであれば、給料面以外にも「企業の将来性」「経営状況」についても可能な限り調べましょう。

不明点については応募前に問い合わせをしたり、面接の際にきちんと確認するのも重要です。

年収1,000万を目指すならインフラエンジニアも選択肢に

本記事ではプログラマーで年収1,000万円を目指す方法を解説しましたが、IT業界で年収1,000万円を目指す場合、プログラマー以外の他の職種も選択肢として考えられます。

そのひとつが「インフラエンジニア」です。

インフラエンジニアは、ネットワークやサーバーの構築・保守などを担当します。

システムの基盤に携わる「縁の下の力持ち」としての役割を持ち、社会貢献度も高い仕事で、平均年収およそ540万円とプログラマーより高くなっています。

初期はプログラミングも必要とせずハードルの低いIT職種として知られており、IT業界で高年収を目指したいがプログラミング学習で挫折してしまったという方には、インフラエンジニアからキャリアスタートするのもおすすめです。

インフラエンジニアの仕事内容については、こちらの記事でさらに詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
インフラエンジニアの仕事とは? インフラエンジニアの特長や将来性についてわかりやすく紹介! インフラエンジニアは、業務効率化や生産性向上を目的にインフラの設計・構築・運用・保守を担います。 仕事は多岐にわたるので、インフラエンジニアの仕事内容を理解し...

まとめ

プログラマーの平均年収は、日本の平均年収と比べて決して高い方ではありません。

ただ、年収1,000万円を稼ぐプログラマーは存在しています。

プログラマーになるだけで年収1,000万円を達成するのは難しいですが、目指す方法は複数あります。

まずは、「会社員を続けるのか」「フリーランスに転身するのか」など今後のキャリアを明確にし、年収1,000万円達成に向けてできることから始めましょう。

また、IT業界で年収1,000万円を狙うのであれば、インフラエンジニアを候補にするのもおすすめです。

1,000万円という高年収を稼ぐのは決して簡単なことではありませんが、本記事で紹介した方法も取り入れつつ年収アップを目指してください。

未経験からIT業界で活躍するなら活学ITスクールがおすすめ!

プログラミングって難しそう、、、と感じたことはありませんか?


活学ITスクールは、「未経験者でもITスキルを身につけ、IT業界で活躍できる人材を育成する」スクールです。

私たちは、日本初のアニメーション動画で直感的に理解できるオリジナルカリキュラムを用意。
また、「少人数制でいつでも聞ける環境」で、一人ひとりの学習をサポートします。

講師陣は、IT業界の第一線で活躍する技術者や教育のプロ。


カリキュラムの作成・監修は講師陣が行い、実践的なプログラミングをより身近で楽しく感じていただけるような工夫を凝らしています。

また、就職・転職サポートも充実しており、一人ひとりの目標に合わせたサポートも行います。

活学ITスクールで、ITスキルを身につけて、IT業界で活躍するあなたの夢を叶えてください!

簡単2ステップで完了

目次